「相手ではなく、自分を変えよう」の勘違い

人間関係

「相手ではなく、自分を変えよう」というアドバイスがあるそうですが、変える方法を提供してないですね。

自分のほうから友好的にでるとか、自分の態度を変えることだと思ってしまいます。そこじゃないんですよね。それは相手を変えようとしてることの変形に過ぎない。

もっと深い所を変えないと。

ポイントは2つ。

ポイント1:
それは「悪いのは相手ではなくて自分である」という意味ではない。

ここを勘違いすると、即ゲームオーバーです。

ポイント2:
自分を変えるためには、まずは変えようとせず観察する必要がある。

「変えよう」というのはアドバイザーが成果を焦っているがら言うことです。変える前に何が起こっているのか観ないことには。そして、観るためには、「変えよう」を保留する必要があります。

心のトラブル対処法
「変わりたくない」のではなくて「矯正されたくない」のだ

専門家に相談に行くとこと躊躇する理由に、支援者に自分を変えようとされそうで嫌だというのがあります。 …

心のトラブル対処法
親の世界から、大人の世界へ

Kojunは「裁きから赦しへ」「正すから赦すへ」というお話をよくしています。 罰を与えても上手くいか …

心のトラブル対処法
「頑張れ」が頑張れない人を増やす

立ち上がれないときは、二通りあります。 決断して、えいやっ、と思い切っれば立ち上がれる場合。 それを …