「相手ではなく、自分を変えよう」の勘違い

「相手ではなく、自分を変えよう」というアドバイスがあるそうですが、変える方法を提供してないですね。

自分のほうから友好的にでるとか、自分の態度を変えることだと思ってしまいます。そこじゃないんですよね。それは相手を変えようとしてることの変形に過ぎない。

もっと深い所を変えないと。

ポイントは2つ。

ポイント1:
それは「悪いのは相手ではなくて自分である」という意味ではない。

ここを勘違いすると、即ゲームオーバーです。

ポイント2:
自分を変えるためには、まずは変えようとせず観察する必要がある。

「変えよう」というのはアドバイザーが成果を焦っているがら言うことです。変える前に何が起こっているのか観ないことには。そして、観るためには、「変えよう」を保留する必要があります。

関連記事

  1. 親から子への刷り込みを心配する母親へ

  2. アドバイスされるのが苦手?

  3. 嫌な過去を忘れるべきか

  4. 正体の分からない不安

  5. 人はプラス、マイナス、併せ持っている

  6. 「アダルトチルドレン」「トラウマ」などの言葉

  7. プレイボーイはセックスを断っても怒らない

  8. ブレーキを外してはいけない人もいる