「相手ではなく、自分を変えよう」の勘違い

人間関係

「相手ではなく、自分を変えよう」というアドバイスがあるそうですが、変える方法を提供してないですね。

自分のほうから友好的にでるとか、自分の態度を変えることだと思ってしまいます。そこじゃないんですよね。それは相手を変えようとしてることの変形に過ぎない。

もっと深い所を変えないと。

ポイントは2つ。

ポイント1:
それは「悪いのは相手ではなくて自分である」という意味ではない。

ここを勘違いすると、即ゲームオーバーです。

ポイント2:
自分を変えるためには、まずは変えようとせず観察する必要がある。

「変えよう」というのはアドバイザーが成果を焦っているがら言うことです。変える前に何が起こっているのか観ないことには。そして、観るためには、「変えよう」を保留する必要があります。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
人間関係
余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

よく対人支援(とくにカウンセリング)やお友達の悩みを聴くときに、「余計なアドバイスはしない方がよい」 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …

人間関係
人を変えたい支援と、人を受容れたい支援

トランスジェンダーに「もっと自分を出しなよ」とかアドバイスするのはやめておくれ。 それには代償がとも …