「相手ではなく、自分を変えよう」の勘違い

Facebooktwittergoogle_plus

「相手ではなく、自分を変えよう」というアドバイスがあるそうですが、変える方法を提供してないですね。

自分のほうから友好的にでるとか、自分の態度を変えることだと思ってしまいます。そこじゃないんですよね。それは相手を変えようとしてることの変形に過ぎない。

もっと深い所を変えないと。

ポイントは2つ。

ポイント1:
それは「悪いのは相手ではなくて自分である」という意味ではない。

ここを勘違いすると、即ゲームオーバーです。

ポイント2:
自分を変えるためには、まずは変えようとせず観察する必要がある。

「変えよう」というのはアドバイザーが成果を焦っているがら言うことです。変える前に何が起こっているのか観ないことには。そして、観るためには、「変えよう」を保留する必要があります。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

人間関係
なぜ人は人を攻撃するのか?

なぜ人は人を攻撃するのか? これは私の子供のこれからの疑問でした。そして、この謎は、心理専門家になっ …

人間関係
立派な人が、人を癒すわけではない。

ときに、人は癒しのために、あるがままの自分を否定しない人たちを必要とします。気分障害(ウツなど)のリ …

人間関係
質問攻めでは、人の気持ちは知れない

人を変えるためのアドバイスをしたくなったら、その前に人のことを知ろうとすることが大事。とくにその人の …