必ずしもキラキラした印象ではなかったりします

気に入った写真カード選んでもらったり、1枚の写真カードの印象を言い合うと、こんなことが起きることがあります。

ある種の写真を多くの人が「恐い」「暗い」「ネガティブ」と言います。ある一人は「好きだ」と言います。

人が顔をしかめている写真。みんなは、「苦しんでる」と言います。ある一人は「楽しんでる」「ふざけていて可愛い」と言います。

白黒の写真。みんな「暗い」と言います。ある一人は「ニッと笑ってる」と言います。

A:綺麗な色で、笑顔炸裂の写真しか見たくない

B:暗い色の写真を見ても、面白さや楽しさが見える

この2行を見ると、A行の方が明るく、B行の方が暗く見えたりします。

しかし、Aな人と、Bな人、どちらの性格がポジティブでしょうか?

「人によって見え方が違うんですね」の一言ですませるにはもったいない秘密が、ここにあります。

人の可能性を心の底から信じられる人というのは、必ずしもキラキラした印象ではなかったりします。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
Points of You
何もしないかもしれないワークショップ

いまの私はワークショップやセミナーに参加するのがあまり好きではありません。ときどき主催はしていますが …

Points of You
共通言語としてのPoints of You

私はね、多くの先人たちがやってきた巫女の仕事をやってるの。 Points of You(写真カードを …

Points of You
Points of You Japanカンファレンス2019報告

2019年5月18日(土)奈良春日野国際フォーラムにて。鹿で有名な奈良公園ですね。 Points o …