心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。

クライアント(来談者)の目的は、幸せとか、悩みの解決案にあります。心理セラピーの意図もそこにあります。

クライアントも原因探しが目的にすりかわることがあります。

目的は、原因を知ることですか? それとも悩みを解決することてすか?

原因探しを目的にしてはいけません。

これは「原因を探してはいけない」と言っているわけではありません。原因を知ることが解決の手段になる場合もあります。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. ウーンデッド・ヒーラーのピアジェ風発達

  2. セラピーの適切介入

  3. 思考を否定することが、感情アクセスではない

  4. 心理セラピー例「性暴力被害」

  5. 精神力動アプローチは呪術儀式みたい!?

  6. 相談したいけど、秘密を話したくない。そんなとき探す相談相手は?

  7. 「心の悩み」「精神疾患」などの言葉

  8. 「あの人の問題を直す」のがセラピストの仕事ではない