心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。

クライアントの目的は、幸せとか、悩みの解決案にあります。心理セラピーの意図もそこにあります。

クライアントも原因探しが目的にすりかわることがあります。

目的は、原因を知ることですか? それとも悩みを解決することてすか?

原因探しを目的にしてはいけません。

一般の方が間違えやすいのは、これは「原因を探してはいけない」と言っているわけではないということてす。

つまり、心理セラピストに原因捜しを促されたときだけ、心理セラピストに協力してください。

原因を探すのはセラピストの手段の一部てあって、あなたの目的ではありません。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

対処法
「なおる」と「なおす」は違う

ある種の精神トラブルについては、思うことがあります。たとえば、性的被害による男性恐怖や場所恐怖。これ …

対処法
正体の分からない不安

不安(ときに恐怖ともいえる強い不安)を感じて、行動ができなきことがあります。 通常ですと、「何を心配 …

体験談・事例
ほしいアドバイス、ほしくないアドバイス

カウンセリングなどては、アドバイスしないことが基本とされてますね。 実は専門的なアドバイスをすること …