心理セラピーの目的は原因を知ることではない

心理セラピストに対するよくある誤解は、原因を調べる人というもの。

クライアント(来談者)の目的は、幸せとか、悩みの解決案にあります。心理セラピーの意図もそこにあります。

クライアントも原因探しが目的にすりかわることがあります。

目的は、原因を知ることですか? それとも悩みを解決することてすか?

原因探しを目的にしてはいけません。

これは「原因を探してはいけない」と言っているわけではありません。原因を知ることが解決の手段になる場合もあります。

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。