心理セラピストの選び方

「痛みの当事者だからできる支援がうる」とか「支援者が問題をかかえたまま人の支援をするのは危険」とか、支援者の傷あり傷なしの是非。

様々なバリエーションがあり、「苦しみを知って支援職になった人」でひとくくりにできないように思います。

その分野もストーリーも様々。

離婚相手を恨んでいる離婚カウンセラー、親を恨んでいる愛着専門セラピストなどは、好ましくない例だと思います。

クライアントとセラピストが同じ深層ビリーフ(深い思い込み)をもっていると、そのビリーフについて解決できないというのもあります。自己知覚、ブラインドのことね。

一方で、経験則として、「自分には問題がない」と言うセラピストはイマイチでした。これも自己知覚の裏返しかも。

ある師匠は「セラピストは自分の主な問題をいくつか解決しておくことが望ましい」という言い方をしていました。

全て解決していなくてもいけど、克服経験が全くないと心理セラピストは厳しいかもと思います。

先日話を聞いた小羽先生は、「カウンセラーも必ず問題をもっているので」と言っていました。

「自己知覚できない」とはどういうことかを体験的に知っている、というのは必要に思います。

それと、以前に考えたときに思ったことは、

問題をもっいるか、もっていないか

というよりも、

相談できる見守りあう同業仲間・師匠がいるか

と思いました。

まとめると、こんな感じ。

・いくつか克服経験がある
・自分に問題ある/あるかもしれないことを知っている
・よい仲間や師匠がいる

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
who is Kojun
精神医療研究者と心理支援者の世界観の違い

精神医療の研究者(大学教授やなんとかセンターの医師)はある療法により、うつ病の治癒率が30%から50 …

who is Kojun
動かそうとすると、動かない

人の心の悩みの鍵は、動かそうとすると動かないことがあります。 「解決しようとすると解決しない」 それ …

who is Kojun
私の師匠たちは、私に既存メソッドを教えない。

クライアントの悩みの本質を無視して、自分が知ってる手法をするみたいなことが頻発している。 心理療法を …