セラピストがクライアント(来談者)から「もらっちゃう」って?

セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。

しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアント(来談者)の人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱う分野にもよるかな。

下手なセラピストにあたったくらいで人の人生が終わったりはしない。眼を開けて事実を見ればそうでしょ。セラピストが失敗してもクライアントは歩き続ける。クライアントの人生は私次第だと思ってるから、セラピストの名誉優先のセッションになっちゃうのよ。

クライアントからもらってるんじゃなくて、クライアントのせいにしてる。

ということは、責任感の強いセラピストは、クライアントのせいにしがち、になるのかな。

「もらう」という言葉には、そんな含みが。「共感」とは違う。

関連記事

  1. やりたいことが、やり尽くされる人

  2. マイナスからゼロって、なんやねん

  3. クリエイティブファミリーのパマ

  4. 禅語「主人公」

  5. 【雑談】心理セラピストからみた「占い」

  6. 逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。

  7. 『不思議の国のアリス』とヒキコモリ

  8. ルールを破るには光が必要