セラピストがクライアントから「もらっちゃう」って?

Facebooktwittergoogle_plus

セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。

しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアントの人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱う分野にもよるかな。

下手なセラピストにあたったくらいで人の人生が終わったりはしない。眼を開けて事実を見ればそうでしょ。セラピストが失敗してもクライアントは歩き続ける。クライアントの人生は私次第だと思ってるから、セラピストの名誉優先のセッションになっちゃうのよ。

クライアントからもらってるんじゃなくて、クライアントのせいにしてる。

ということは、責任感の強いセラピストは、クライアントのせいにしがち、になるのかな。

「もらう」という言葉には、そんな含みが。「共感」とは違う。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
自分の本当の感情に気づいたときの注意点

私は、自分の本当の感情に気づくことをお勧めしています。ですが、もう一つ大切なこと、気づいてどうするか …

雑談
ルールを破るには光が必要

ルールを知らないのと、 ルールを破るのはだいぶ違います。ルールを知らないと闇の支配を受けます。つまり …

心のトラブル - 対処法
「癒やし」なんていらない?

「癒しなんていらない」と言う人がいます。おそらく、「癒し」という言葉の意味を慰めや与えられる安らぎの …