セラピストがクライアントから「もらっちゃう」って?

Facebooktwittergoogle_plus

セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。

しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアントの人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱う分野にもよるかな。

下手なセラピストにあたったくらいで人の人生が終わったりはしない。眼を開けて事実を見ればそうでしょ。セラピストが失敗してもクライアントは歩き続ける。クライアントの人生は私次第だと思ってるから、セラピストの名誉優先のセッションになっちゃうのよ。

クライアントからもらってるんじゃなくて、クライアントのせいにしてる。

ということは、責任感の強いセラピストは、クライアントのせいにしがち、になるのかな。

「もらう」という言葉には、そんな含みが。「共感」とは違う。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、軽めの対処法

「こわくない」と言わずに、 「楽しみだ」と言ってみるとよいですよ。心理カウンセリングで、プロセスを諦 …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

雑談
命綱を手放すこと

一年前のつぶやきを見つけました。「人に命綱がついていてね。谷を飛び越えるためには、その綱をはずさない …