心理療法による改善率を気にしないクライアントたち

統計のマジック

かつて、アイゼンクという人がこんな研究結果を出しました。「精神分析心理療法をうけた人の改善率は44%。と開業医で受診した患者で精神分析心理療法を受けていない患者の自然治癒は72%。したがって、精神分析は効果がない」と。

この研究は後に他の研究者たちに反論研究されているのですが、ちゃんとした批判研究はさておき、私の思うことを書いてみます。

※ここに書くのはアイゼンクの研究のレビューではなく、統計を疑う視点の例です。

精神科に通う患者たちと、精神分析に挑戦するクライアントたちは、かなり異なります。私は両方とも数十人の人と深く関わったことがありますが、抱えているものも、治療等に対する考えや態度もかなり違います。

通院したり休息をとって自然治癒を目指す人たちにくらべて、心の中の葛藤と向き合う精神分析心理療法に挑戦する人たちは、深刻に悩んでいることが多いです。

自然治癒しそうにない深刻な人、ケアではなく根本解決に挑む人たちが精神分析心を受けるわけです。母集団がまったく違います。

上述のような調査研究は、詳しくみてみないと、

「集中治療室に入った人の生存率は50%。それに対して外来診察室に入った人の生存率は95%。したがって、集中治療室に入ることは危険である」

みたいな話になっている可能性があるわけです。

まあ、おおげさに書きましたが、効果研究がそう簡単ではないことは察していただけると思います。

・参考リンク:「交絡:因果の判断を惑わすもの」国立環境研究所 はやしたけひこ主任研究員

また、改善とはなにかですが、精神分析などを受けない人たちの改善は元の生活に復帰(または、仕事量を減らしての職場復帰)することであるのが多いですが、精神分析などを受ける人たちの改善は生き方を変えることが目的になっています。後者の場合、病は生き方を変えるきっかけなので、新しい生き方が始まらない限り病は手放すわけにはいなかわけです。

上述のような統計数字を使った表現がもっともらしく聞こえてしまうとうことは、よく覚えておいてください。

誰のための研究か

このような研究者はなぜそんなことを証明したがるのでしょうか? 人の幸せを願っての研究でしょうか?

僅かであったとしても、人が助かっています。なぜ否定する必要があるのでしょうか。

仮にほんとうに精神分析の改善率が自然治癒率よりも低かったとしても、それは「精神分析で改善した人の全てが、精神分析を受けなくても自然治癒できただろう」ということではありません。数字の大小がそうであったとしても、「自然治癒はしなかったけど、精神分析で改善した人」はいるわけです。その人にとっては、それが人生を別けるほどの救済になっているわけです。しかし、まるで「精神分析はまったく効果がない」かのように伝えたくなるのでしょうか?

調査研究などのレポートをみるときは、それが誰のための研究なのか気に掛けることをお勧めします。

客観データなるものを鵜呑みにしないクライアント(当事者)がたくさんいるのは、一部のサイコロジストが言うように愚かだからではなく、実際に違和感があるからでしょう。

当事者からみると

効果研究によって改善率の低い心理療法を淘汰撲滅すればよいと言う人もいます。

研究者や学者は根本的な勘違いをしています。

当事者から見るとこうです。

深刻な心の悩みをもった当事者の立場からすると、44%の改善率なら試してみる価値があると思います。

すごいですよ、数万円払ったら44%の確率であなたを長年苦しめた対人不安、なんども仕事などのチャンス逃してきた劣等感、すぐ勤務先を辞めてしまう喧嘩癖などが改善するんですよ! その情報が信頼できるなら、予算が現実的なら、私だったら喜んで受けますね。

「他者を調べた研究データによると自然治癒する率がどうか」ではなくて、「私が自然治癒しそうかどうか」です。

その悩みが今にはじまったことでないなら、自然治癒しそうかどうかわかります。

「うまくいかなかったら誰が責任とるんですか?」というサイコロジストがいますが、答えは簡単です。

「私(この場合、クライアントである私)が責任をとります」

で、上手くいかなかったら? それをやめて、他のことにチャレンジするわけです。

ところで、私が自然治癒しなかったら誰が責任をとってくれるんでしょうか?

また、「うまくいかなかったら誰が責任とるんですか?」とうサイコロジストのところに行けば、クライアントが100%改善するのでしょうか? 上手くいかなかったらどう責任をとるのでしょうか? 患者を薬漬けにした医師も、病気を悪化させた臨床心理士も、責任をとったのをみたことはありをせん。

改善率は100%ではないのは承知のうえでの料金です。

必要なのは、上手くいかないと思ったらやめる自由。

上手くいかなかったら他を試す自由こそが守られるべきです。

改善率が低い選択肢を淘汰撲滅するというのは、深刻な当事者にとってさほど重要なことではありません。

これは臨床心理学の学者先生たちからは嫌われる考えですが。

Kojunの方針

心理セラピストとしての私は、改善率を上げたいというよりは、他でうまくいかない人たちの改善率を上げたいです。

つまり心理セラピーサービスの多様性に貢献したいのです。

私はネイティブ・セラピスト、当事者視点なので、全ての心理セラピストが改善率の高いアプローチをしていることよりも、「どこかに私にあったセラピーがある」ということの方が大事だと思っています。

ですので、私のところでは、「多くの場合こうである」という統計データよりも、「あなたはそうなんですね」という個を観ることに比重をおいています。効率は悪いですが、no one left behind にはなります。

もうひとつ大事にしているのは、クライアントの価値観です。改善よりも大事なことがあるクライアントは多いです。治ればいいってもんじゃない、という人。苦しみを生き方を変えるきっかけにしようとしている人、人生の宿題に触れたい人、自分自身に触れる体験を通して納得したい人、などもいます。

改善率は治療者側の成績であって、クライアントの幸せの尺度ではないです。

私も改善率が高いとされる他のアプローチを紹介することがありますが、私のクライアントたちは、改善率ではなくて、自分に合っているかで選ぼうとします。

いくら研究データの改善率が高くても、自分がやってみてダメだったものはやらないです。自分が体験したい人生と違うものはやらないです。

治療者や研究者のために病んでいるのではなくて、自分のために病んでいるのですから。

参考:『いろいろ知りたい!心理学史 第4回』サイトウタツヤ

Follow Kojun on note.

カテゴリ 業界
最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。