痛みを知っているセラピストをお勧めします

メソッドやプロセスが的確でも、そのプロセスに痛み(抵抗)がある場合があります。

セラピストが痛みを知らず、それを「排除すべき抵抗」として扱うと、それは抵抗を増します。

「痛くてもがまんしろ」みたいなことになってしまって、、そりゃ無理なわけです。

「痛いけど、あえて開いてみる」というプロセスは、痛みを知らない人とはできないのです。

そこで「痛くても強いてでもやってあげないと」なんて思うセラピストやコーチもいます。「本人が望む範囲の痛みしか挑戦させない」というセラピストもいます。

成果にこだわるか、成果以外の何かにこだわるか。

やり方に注目すると、この違いはあやふやです。

これは、痛みを知っているか、知らないかの違いだと思います。

痛みを知らない人はこんなふうに思っている。

「人は痛みを避けるものだから、無理強いをしないとプロセスが進まない」

痛みを知っている人はこんなふうに思っている。

「限界を超えた痛みと、扱える痛みがある。扱える範囲を超えないようにしないと、プロセスは進まない」

私はかつて、自分がクライアント側であるセッションのとき、限界近くで「まだやります」と言って、セラピストに止められたりしていました。これくらい、本人主導な方がよいと思います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

心理セラピー関連
私が尊敬するセラピストの特徴

私が尊敬する師匠セラピストは、クライアントである私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、 …

対処法
強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないな …