痛みを知っているセラピストをお勧めします

心理セラピー関連

メソッドやプロセスが的確でも、そのプロセスに痛み(抵抗)がある場合があります。

セラピストが痛みを知らず、それを「排除すべき抵抗」として扱うと、それは抵抗を増します。

「痛くてもがまんしろ」みたいなことになってしまって、、そりゃ無理なわけです。

「痛いけど、あえて開いてみる」というプロセスは、痛みを知らない人とはできないのです。

そこで「痛くても強いてでもやってあげないと」なんて思うセラピストやコーチもいます。「本人が望む範囲の痛みしか挑戦させない」というセラピストもいます。

成果にこだわるか、成果以外の何かにこだわるか。

やり方に注目すると、この違いはあやふやです。

これは、痛みを知っているか、知らないかの違いだと思います。

痛みを知らない人はこんなふうに思っている。

「人は痛みを避けるものだから、無理強いをしないとプロセスが進まない」

痛みを知っている人はこんなふうに思っている。

「限界を超えた痛みと、扱える痛みがある。扱える範囲を超えないようにしないと、プロセスは進まない」

私はかつて、自分がクライアント(来談者)側であるセッションのとき、限界近くで「まだやります」と言って、セラピストに止められたりしていました。これくらい、本人主導な方がよいと思います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
「正す」と「赦す」アプローチ

対人支援(カウンセラー、相談員など)プロ向けの講座をしていると、「プロは何が違うのですか?」と聞かれ …

心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

Who is Kojun?
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …