痛みを知っているセラピストをお勧めします

心理セラピー・心理相談

メソッドやプロセスが的確でも、そのプロセスに痛み(抵抗)がある場合があります。

セラピストが痛みを知らず、それを「排除すべき抵抗」として扱うと、それは抵抗を増します。

「痛くてもがまんしろ」みたいなことになってしまって、、そりゃ無理なわけです。

「痛いけど、あえて開いてみる」というプロセスは、痛みを知らない人とはできないのです。

そこで「痛くても強いてでもやってあげないと」なんて思うセラピストやコーチもいます。「本人が望む範囲の痛みしか挑戦させない」というセラピストもいます。

成果にこだわるか、成果以外の何かにこだわるか。

やり方に注目すると、この違いはあやふやです。

これは、痛みを知っているか、知らないかの違いだと思います。

痛みを知らない人はこんなふうに思っている。

「人は痛みを避けるものだから、無理強いをしないとプロセスが進まない」

痛みを知っている人はこんなふうに思っている。

「限界を超えた痛みと、扱える痛みがある。扱える範囲を超えないようにしないと、プロセスは進まない」

私はかつて、自分がクライアント(来談者)側であるセッションのとき、限界近くで「まだやります」と言って、セラピストに止められたりしていました。これくらい、本人主導な方がよいと思います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー・心理相談
複数のカウンセラーに相談してよいか?

「複数のカウンセラーに相談してよいか?」 最近、このトッピクについて質問されることがあります。いくつ …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

心理セラピー・心理相談
絶望を感じて、本当に前向きになる

あることについて最近やっと自分がこの世の中に絶望していることを感じるようになりました。拗ねていること …