知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。

それは、言葉を知っていることと、体験を知っていることの違い。

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

体験が伴っていないうちは、知識を通して人を見ています。それは人を見ているつもりで、知識を見ているのです。

知識を使って、「えーっ、どうして私のことがそんなにわかるんですかぁ」と言わせることはできます。

でもね、暖かくはない。

安全だけど冷たい感じ。
 

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

それはとてつもなく手ごわい、ということが初めて解るのです。解決方法は知っていても、問題はそこではないのです。

メソッドを届けるのは私の本質ではないね。

メソッドの前にあるものがある。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピストの映画紹介
映画『プリズン・サークル』を観ました

仮設の映画館というサイトから映画『プリズン・サークル』観ました。刑務所の中で行われている集団療法的な …

雑談
動画 苦しみがなくなるまで幸せを待たない

The following two tabs change content below.この記事を書 …

雑談
YOSHIKIさんと山中伸弥さんの対談

YOSHIKIさんと山中伸弥さん(iPS細胞)の対談をシェアします。 心理セラピストの私からすると、 …