知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。

それは、言葉を知っていることと、体験を知っていることの違い。

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

体験が伴っていないうちは、知識を通して人を見ています。それは人を見ているつもりで、知識を見ているのです。

知識を使って、「えーっ、どうして私のことがそんなにわかるんですかぁ」と言わせることはできます。

でもね、暖かくはない。

安全だけど冷たい感じ。

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

それはとてつもなく手ごわい、ということが初めて解るのです。解決方法は知っていても、問題はそこではないのです。

メソッドを届けるのは私の本質ではないね。

メソッドの前にあるものがある。

雑談
『不思議の国のアリス』とヒキコモリ

さて、お悩みの方々には、職や社会的地位を失ったりしついる人もいます。歳をとることで、弱い自分というも …

雑談
私は、鞭で動かない人の体に、鞭の痕をみる

自分に鞭を打って動ける人と、自分に鞭を打つと動けなくなる人がいる。 鞭で動ける人は、鞭で動けなくなる …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …