知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。

それは、言葉を知っていることと、体験を知っていることの違い。

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

体験が伴っていないうちは、知識を通して人を見ています。それは人を見ているつもりで、知識を見ているのです。

知識を使って、「えーっ、どうして私のことがそんなにわかるんですかぁ」と言わせることはできます。

でもね、暖かくはない。

安全だけど冷たい感じ。

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

それはとてつもなく手ごわい、ということが初めて解るのです。解決方法は知っていても、問題はそこではないのです。

メソッドを届けるのは私の本質ではないね。

メソッドの前にあるものがある。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

雑談
セラピストは火を繋ぐ!?

私は死ぬまでに、大事なことを伝えたいと思っています。死ぬ前に限らないかもしれませんが。 それは、書き …

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
ぬいぐるみと私

昨年、どうしても授乳がしてみたくて、ぬいぐるみを買いました。 そのような狂気を断行して、気が狂わずに …

心理セラピー関連
私の辞書に「素晴らしいメソッド」なんてものはない

ときどき自分で気になって書いてるけど。 私は、使ってるメソッドの効果がすごかったとか、クライアントに …