知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。

それは、言葉を知っていることと、体験を知っていることの違い。

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

体験が伴っていないうちは、知識を通して人を見ています。それは人を見ているつもりで、知識を見ているのです。

知識を使って、「えーっ、どうして私のことがそんなにわかるんですかぁ」と言わせることはできます。

でもね、暖かくはない。

安全だけど冷たい感じ。
 

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

それはとてつもなく手ごわい、ということが初めて解るのです。解決方法は知っていても、問題はそこではないのです。

メソッドを届けるのは私の仕事の本質ではなさそうです。

メソッドの前にあるものがある。

※当サイトのブログ記事は私見です。ご自身の判断と責任においてご活用ください。
※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成・フィクション化をしています。