知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。

それは、言葉を知っていることと、体験を知っていることの違い。

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

体験が伴っていないうちは、知識を通して人を見ています。それは人を見ているつもりで、知識を見ているのです。

知識を使って、「えーっ、どうして私のことがそんなにわかるんですかぁ」と言わせることはできます。

でもね、暖かくはない。

安全だけど冷たい感じ。
 

以前から知っていた言葉の意味を体験して、「あー、これだあ」と思うことがあります。

それはとてつもなく手ごわい、ということが初めて解るのです。解決方法は知っていても、問題はそこではないのです。

メソッドを届けるのは私の本質ではないね。

メソッドの前にあるものがある。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

雑談
技術や心理学を学んでもセラピストにはなれない

技術や心理学を学んでもセラピストにはなれないと思います。 それは、数々のちょっと恐い実体験から学びま …

雑談
背中を押されて起きることは、人によって異なる

背中を押されること、元気に振る舞えと言われること、それが役に立つかどうかは、人によって事情が違います …

心理療法セラピー関連
私がこういう人間になったのは何故か、1つのセオリーに解釈を固定するのは危険

事情が違うのです。なぜ違うのかを問わずに、仲間に受け入れることができる世界を夢見ています。 I am …