「変わりたくない」のではなくて「矯正されたくない」のだ

心理支援者(セラピストやカウンセラーなど)に相談に行くとこと躊躇する理由に、支援者に自分を変えようとされそうで嫌だというのがあります。

そこで「聴くだけ」という傾聴スタイルがカウンセリングの主流になったりしてきたのですが、一方では聴いてもらっただけでは解決しないお悩みもあります。

変化を手に入れたいけれども、矯正されるのは嫌でしょう。

隠れ家と冒険

さまざまな心の回復プロセスに共通のするのは、次の二段階です。岡田尊司先生の愛着アプローチも、その他の方法も、大雑把に見るとこの点で似ています。

1.ありのまま受け止めてもらうフェーズ(傾聴スタイル、コンテインなど)
2.行動やチャレンジのフェーズ(アドバイスやトレーニング、認知修正)

ちなみに、私が「隠れ家と冒険」と呼んでいるのは、これを何度も行き来するスタイルのことです。

さて、ここで注目したいのが、行動やチャレンジのフェーズです。

先の記事でもこのようなことを書きました。

頑張ることは心理的に良い影響がある。

しかし、他者から「頑張れ」と言われることは、心理的に悪い影響がある。

多くのカウンセリング流儀で「指示的なこと(こうしろ、ああしろ)をしないほうがよい」とされるのも似ているかと思います。

他者から「頑張れ」と言われることは、「あなた頑張ってませんね」「頑張らないとあなたを見捨てますよ/非難しますよ」という意味が含まれていてたりします。支援者はあまり意識しないかもしれませんが、なかなか頑張れないでいる当人にとっては、これはちょっとした賞罰による行動を促されているような状態なのです。

ネズミじゃねえんだよ

「悩みを相談すると矯正されそうで嫌だ」という感じのベースには、人の行動は罰と報酬で変化すると多くの人たちが信じていることがあるように思います。

スポーツ・トレーナーから「精神的な問題をかかえた人たちを甘やかすな」と言われたことがあります。一般の人の中にも「甘やかしすぎだ」と言いう人がいます。

つまり、世の常識では、罰を与えないとダメだというわけです。

私は、これに猛烈に反対してきました。

それは、心理学の研究でも立証(?)されていて、ネズミの実験からはじまった行動分析理論のオペランド条件付けというものがそうです。

子どもの躾けや自己啓発などでも応用されてきた、行動分析理論のオペランド条件付けを私は嫌っていました。実験ネズミと人間を一緒にするなと。

※「廊下に立っていなさい」というようなタイムアウト法、禁煙のために苦しい喫煙を体験させるなど、あります。効果がないとは言いませんが、幸せにならなかった人はたくさん知っています。

著名な先生方も似たようなことを言っておられます。

私は心理セラピストとて、マイノリティやウーンデッドの当事者であることもも活かして、上記の「受け入れてもらフェーズ」を実践してきました。しかし、それだけでは、なかなか進まないということも経験しています。つまり、変化を手に入れるには「行動やチャレンジのフェーズ」というのが必要になってくるわけです。

心理セラピーでは深層心理に刷り込まれた信念を解消することによって、心を自由にしてきました。そうすることで、人は新たな自分を生き始めるというのが私の心理セラピー(短期療法)の主な成功パターンです。しかし、もっとじわじわと時間をかけて心を育てる必要がある場合があることも見えてきました。

人為か自然か?

自然環境には多くの弱化の随伴性が働いており,それを経験することで自分を守ることを学習するわけですが,同じ弱化の随伴性を付加的に他者の行動を制御するために使用してもうまくいきません。つまり弱化は,ある行動が抑制される手続きであっても,他者によってある行動を抑制する手続きではないのです。
※引用者注:弱化=罰などの条件づけにより行動を減らすこと
「罰の効果とその問題点」神戸親和女子大学発達教育学部 吉野俊彦 教授

この論文は罰(心理学では負の弱化オペランド条件づけ)についてのものです。私は行動分析理論のオペランド条件付けを嫌っていました。実験ネズミと人間を一緒にするなと。ですが、この論文の「自然環境」という言葉に1つのヒントがあるのではないかと思いました。

市居氏が被災地支援の活動や人々から発見した「エコメンタルな実践」では、自然に接するということが挙げられています。

たとえば「雨が降って焚火が消えてしまう」「急に風向きが変わって、うまく対処しないとヨットが倒れる」というようなことを体験することで、困難を受け流しながら進む心のコツのようなものが育つと言います。

自然に触れて得られるままならない体験と、人為的な「罰」は全く異なる効果を得るのではないかということです。(参考:親の世界から、大人の世界へ

面白いことに、苦痛というほどの強烈なネガティブ体験でなくても、自然の力に触れることで、その力がついてゆくようなのです。

しかし、たとえ自然現象だったとしても、「ほら、雨具を用意してなかったから罰があたった」のように解釈すると上手くいきません。また、苦しませることを意図として企画した根性論的なキャンプでは、上手くいかないだろうと思います。

実際に私が市居氏のキャンプで経験しのはこのようなことです。ハイキングのときに身体の弱い私は頻繁に休憩しました。グループは私にペースを合わせて休み、それでもハイキングを楽しんだのです。私は、無理することの不快、休み過ぎることの不快も体験し、適度に頑張る練習をしました。助けを求めることも、頑張ることも同時に学習しました。

それは、昔の企業の新人研修の山登りなどとはかなり違います。

そのハイキングの目的はスパルタではなく、楽しむこと。罰を与える人間はいません。楽しむためなら登山の中止もいとわないわけです。最も楽しく過ごそうとすることが、いつもならやらない行動をしたり、いつもならやめられない行動をやめたりへと繋がっていったように思います。

参考:
「自然あそびで子どもの非認知能力が育つ」長谷部 雅一 (著)

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 【対処法】憂鬱な朝に職場にたどり着く

  2. 悩みを相談するなら、決めつけない人がいい

  3. あの人が嫌い!? 「怒り」と「恨み(怨み)」は真逆です

  4. 「コンフォートゾーン(安心領域)の外へ出るんだ」とアドバイスされると動…

  5. 落ちても大丈夫になると、飛べるようになる

  6. 自己肯定感は高めるものではない

  7. 日常の中の先延ばし(行動制止)のゴースト

  8. 必要以上に怒る人は、必要なときに怒れない