「ゆるす」とは、自分の怒りをゆるすことでもある

私ね、拷問して殺したい、腹立つ人がいます。

拳で頭を叩いてきた人よりも、馬乗りで私の服を脱がそうとした人よりも、騙してお金を取ろうとした人よりも、アレだけはどうしてもゆるせません。

平気なふりをしてきました。そうしていないと、暴れて自分をアイスピックで刺しそうでしたから。

でもついに、ゆるしが訪れました。もう、平気なふりをしなくてもすみます。こうして書くこともできます。

暴力被害のクライアントさんたちは、「ゆるす」とは何かと質問してきます。

それは、言葉で説明することができないことです。それは、心理学の勉強をしても答えられないことです。

でも、一応は言葉でも答えます。「支配されなくなることよ」。

「ゆるす」は動詞ではなくて、訪れるもの。

 
「なぶり殺しにしたい」と言える。(注:「死ね」ではないです。そして、実際には暴力は使いません)

お勉強した者たちが「ゆるしなさい。手放しなさい」と言おうと、構わずに言える。

こんなことを書いて、正気ではないと世間から思われようが、構わずに言える。

これが「ゆるし」です。

 

恨みや憎しみに使うエネルギーや時間は減ってゆきます。

自分の怒りを禁止するのではなく、自分の怒りをゆるすという体験が起こります。

殆どの人が、「自分をゆるさなければいけない」と言い出すのは、そういうことでしょう。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピー関連
恐怖や不安について思うこと

恐怖症とか不安症というようなものについて、思うことがあります。 たとえば犬恐怖症の場合、犬に噛まれる …

who is Kojun
動画 ポジティブとネガティブのこと

The following two tabs change content below.この記事を書 …

心理セラピー関連
心理セラピストに向いているのは

人の心のシャッターを抉じ開け(こじあけ)ようもすると、なかなか開かない。 そもそもシャッターとは抉じ …