「ゆるす」とは、自分の怒りをゆるすことでもある

私ね、拷問して殺したい、腹立つ人がいます。

拳で頭を叩いてきた人よりも、馬乗りで私の服を脱がそうとした人よりも、騙してお金を取ろうとした人よりも、アレだけはどうしてもゆるせません。

平気なふりをしてきました。そうしていないと、暴れて自分をアイスピックで刺しそうでしたから。

でもついに、ゆるしが訪れました。もう、平気なふりをしなくてもすみます。こうして書くこともできます。

暴力被害のクライアントさんたちは、「ゆるす」とは何かと質問してきます。

それは、言葉で説明することができないことです。それは、心理学の勉強をしても答えられないことです。

でも、一応は言葉でも答えます。「支配されなくなることよ」。

「ゆるす」は動詞ではなくて、訪れるもの。

 
「なぶり殺しにしたい」と言える。(注:「死ね」ではないです。そして、実際には暴力は使いません)

お勉強した者たちが「ゆるしなさい。手放しなさい」と言おうと、構わずに言える。

こんなことを書いて、正気ではないと世間から思われようが、構わずに言える。

これが「ゆるし」です。

 

恨みや憎しみに使うエネルギーや時間は減ってゆきます。

自分の怒りを禁止するのではなく、自分の怒りをゆるすという体験が起こります。

殆どの人が、「自分をゆるさなければいけない」と言い出すのは、そういうことでしょう。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

心理セラピー関連
私が尊敬するセラピストの特徴

私が尊敬する師匠セラピストは、クライアントである私から学んで私にセッションを提供しました。そうして、 …

対処法
強烈な心理的なブレーキ

何かの行動がどうしても出来ない。普通なら出来るはずのことが出来ないというとき。 他人に説明できないな …