秘密の苦しみを話せるとき

心のバランスをとって、秘密の苦しみを人に言わないようにしてきた。人は苦しみの話が嫌いだから。

あるとき、耐えられなくなって、仲のいい人に打ち明ける。「聞いて欲しいことがあるんです」

仲のいい人の姿勢が見下すように変わり、説教がはじまる。または、口をきかなくなる。

その後の記憶がないまま、ふと気づくと、ベンチに座っている。
 

そんなことを繰り返してきた人に、ホッとしてもらうのが私の役割かもしれません。

クリニックでたくさんの30分カウンセリングをこなすよりも、当事者よりの実感のあるところで、一人一人の旅をみつめたいです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
who is Kojun
心理セラピストの選び方

「痛みの当事者だからできる支援がうる」とか「支援者が問題をかかえたまま人の支援をするのは危険」とか、 …

who is Kojun
精神医療研究者と心理支援者の世界観の違い

精神医療の研究者(大学教授やなんとかセンターの医師)はある療法により、うつ病の治癒率が30%から50 …

who is Kojun
動かそうとすると、動かない

人の心の悩みの鍵は、動かそうとすると動かないことがあります。 「解決しようとすると解決しない」 それ …