秘密の苦しみを話せるとき

心のバランスをとって、秘密の苦しみを人に言わないようにしてきた。人は苦しみの話が嫌いだから。

あるとき、耐えられなくなって、仲のいい人に打ち明ける。「聞いて欲しいことがあるんです」

仲のいい人の姿勢が見下すように変わり、説教がはじまる。または、口をきかなくなる。

その後の記憶がないまま、ふと気づくと、ベンチに座っている。
 

そんなことを繰り返してきた人に、ホッとしてもらうのが私の役割かもしれません。

クリニックでたくさんの30分カウンセリングをこなすよりも、当事者よりの実感のあるところで、一人一人の旅をみつめたいです。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. セラピーは非日常

  2. 私の辞書に「素晴らしいメソッド」なんてものはない

  3. メンタルが落ちてるごときで、人間の存在価値はなくならない

  4. 支援メソッドという矛盾

  5. なんだかユルいセラピーのスタイル

  6. 勇気ある「1%な人々」の傷ついた心

  7. 「クライアントに大きな変化があって感動しました」と書くことに興味がない…

  8. 知識として知ってるか、体験として知ってるか