秘密の苦しみを話せるとき

心のバランスをとって、秘密の苦しみを人に言わないようにしてきた。人は苦しみの話が嫌いだから。

あるとき、耐えられなくなって、仲のいい人に打ち明ける。「聞いて欲しいことがあるんです」

仲のいい人の姿勢が見下すように変わり、説教がはじまる。または、口をきかなくなる。

その後の記憶がないまま、ふと気づくと、ベンチに座っている。
 

そんなことを繰り返してきた人に、ホッとしてもらうのが私の役割かもしれません。

クリニックでたくさんの30分カウンセリングをこなすよりも、当事者よりの実感のあるところで、一人一人の旅をみつめたいです。

Follow Kojun on note.

最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。