重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展

「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。

 

絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。

制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはしていない」ようにみえます。

この日、財布を忘れて出掛けたのですが、そんな不自由な状況も楽しめる、そんな日になりました。

この4人の作者たち、私たちを救うためにやって来たように思えてなりません。

これらの絵は説明ない描き方をしていると感じます。試しに、筆をとり、体験キャンバスに描いてみました。

すると、「ここをこうしよう」と、なんらかの意図を持って描いてしまうことに気づきます。

ひとたび描き始めると、描こうとして手を動かすのではなく、手を動かした結果に現れるものを観るだけということが出来はじめます。それは心が解放される感じです。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

Facebooktwittergoogle_plus

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
「性的マイノリティの心理支援」という差別目線

私も心理職ではありますが、「性的マイノリティの心理支援」という言葉には違和感を感じています。 性的マ …

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
レスリー・キー氏の撮影に参加してきます。

撮影の日程が決まりました。私も「OUT IN JAPAN」プロジェクト、LESLIE KEE 氏によ …

雑談
男性の下心は無意識化される

男性が女性に対して下心をもつとき、それがバレないように、まず自分自身に対して下心を隠すということがま …