重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展

Facebooktwittergoogle_plus

「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。

 

絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。

制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはしていない」ようにみえます。

この日、財布を忘れて出掛けたのですが、そんな不自由な状況も楽しめる、そんな日になりました。

この4人の作者たち、私たちを救うためにやって来たように思えてなりません。

これらの絵は説明ない描き方をしていると感じます。試しに、筆をとり、体験キャンバスに描いてみました。

すると、「ここをこうしよう」と、なんらかの意図を持って描いてしまうことに気づきます。

ひとたび描き始めると、描こうとして手を動かすのではなく、手を動かした結果に現れるものを観るだけということが出来はじめます。それは心が解放される感じです。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
セラピストのトレーニング会で受ける衝撃

今回の記事は愚痴になります。愚痴ですが、私らしさでもあるので、書いてみようと思います。セラピストのた …

雑談
背中を押さない

そういえば、バンジージャンプのインストラクターは、絶対に背中を押さないですね。クライアントの葛藤に立 …

体験のこと
知識として知ってるか、体験として知ってるか

知識として知っているのと、本当に知っているのとは違います。それは、言葉を知っていることと、体験を知っ …