「性的マイノリティの心理支援」という差別目線

私も心理職ではありますが、「性的マイノリティの心理支援」という言葉には違和感を感じています。

性的マイノリティに適した療法などが研究されているようです。

もしも、埼玉県の自殺率が高い(仮想例)と分かったら、「埼玉県人の心理支援」というお題が立つ前に「なぜ埼玉県は自殺率が高いのか?」というテーマになるでしょう。

そして、調査の結果、埼玉県人は自己肯定感が低いと分かれば、自己肯定感を上げるための療法を提供する案が出るでしょうか?

したとしても、それは「自己肯定感が低い人のための」であって、「埼玉県人のための」ではないでしょう。

「性的マイノリティの心理支援」に感じるのは、そんな違和感です。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

Facebooktwittergoogle_plus

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
レスリー・キー氏の撮影に参加してきます。

撮影の日程が決まりました。私も「OUT IN JAPAN」プロジェクト、LESLIE KEE 氏によ …

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
アセクシャルと「好き」

アセクシャルと言われる人たちは、性欲がなかったり、セックスに嫌悪感があったりします。 そのことと、愛 …

体験談・事例
性トラウマの克服のビフォー/アフター

トランスジェンダーの苦労話というと、差別されることを思い浮かべるかもしれませんが、けっこうあるのがセ …