「性的マイノリティの心理支援」という差別目線

多様性・SOGIE

私も心理職ではありますが、「性的マイノリティの心理支援」という言葉には違和感を感じています。

性的マイノリティに適した療法などが研究されているようです。

もしも、埼玉県の自殺率が高い(仮想例)と分かったら、「埼玉県人の心理支援」というお題が立つ前に「なぜ埼玉県は自殺率が高いのか?」というテーマになるでしょう。

そして、調査の結果、埼玉県人は自己肯定感が低いと分かれば、自己肯定感を上げるための療法を提供する案が出るでしょうか?

したとしても、それは「自己肯定感が低い人のための」であって、「埼玉県人のための」ではないでしょう。

「性的マイノリティの心理支援」に感じるのは、そんな違和感です。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
Who is Kojun?
声なき声

この世がどんな葛藤に満ちているか、この世はどうなろうとしているのか、それは心理学以上にセラピストにと …

Who is Kojun?
ぬいぐるみと私

ワークショップなどのイベントで私が縫いぐるみを抱いて登場するのはお馴染みですね。 トランス女性のやり …

多様性・SOGIE
長生きすることよりも大切なことが見つかったとき、幸せが始まる

トランス女性をカムアウトで生きることは、ゆるやかな自殺という側面もあると思う。それは、考察してそう思 …