人を変えたい支援と、人を受容れたい支援

トランスジェンダーに「もっと自分を出しなよ」とかアドバイスするのはやめておくれ。

それには代償がともなう。親から「死んでくれ」と言われたり、職を失ったりしている。そうまでして、やっと限定的に自分を出した。そんな人に「もっと出しなよ」と言うのは、その人が大きな犠牲を払ってきたことへの踏みにじり。

自分がいい人になるために、試練を背負った人を利用するもんじゃない。

人を変えたい人の支援は「もっと変わりなよ」。

人を受け入れたい人の支援は「いまのあなたが好きよ」。

私の周囲の人たちは、前者1割、後者8割。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)

最新記事 by 心理セラピスト Kojun(上野貢潤) (全て見る)

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
長生きすることよりも大切なことが見つかったとき、幸せが始まる

トランス女性をカムアウトで生きることは、ゆるやかな自殺という側面もあると思う。それは、考察してそう思 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …

性(SOGIE)・存在・アイデンティティ
人が亡くなったときに、「死んだ」と思うか「生きた」と思うか

トランス女性を表に出して生きることは、ゆるやかな自殺でもあると思う。それは、考察してそう思ったのでは …