人を変えたい支援と、人を受容れたい支援

トランスジェンダーに「もっと自分を出しなよ」とかアドバイスするのはやめておくれ。

それには代償がともなう。親から「死んでくれ」と言われたり、職を失ったりしている。そうまでして、やっと限定的に自分を出した。そんな人に「もっと出しなよ」と言うのは、その人が大きな犠牲を払ってきたことへの踏みにじり。

自分がいい人になるために、試練を背負った人を利用するもんじゃない。

人を変えたい人の支援は「もっと変わりなよ」。

人を受け入れたい人の支援は「いまのあなたが好きよ」。

私の周囲の人たちは、前者1割、後者8割。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心理セラピストの映画紹介
映画『プリズン・サークル』を観ました

仮設の映画館というサイトから映画『プリズン・サークル』観ました。刑務所の中で行われている集団療法的な …

雑談
動画 苦しみがなくなるまで幸せを待たない

The following two tabs change content below.この記事を書 …

雑談
YOSHIKIさんと山中伸弥さんの対談

YOSHIKIさんと山中伸弥さん(iPS細胞)の対談をシェアします。 心理セラピストの私からすると、 …