セラピストの探しかた

トランスジェンダーに「もっと自分を出しなよ」とかアドバイスするのはやめておくれ。

それには代償がともなう。親から「死んでくれ」と言われたり、職を失ったりしている。そうまでして、やっと限定的に自分を出した。そんな人に「もっと出しなよ」と言うのは、その人が大きな犠牲を払ってきたことへの踏みにじり。

自分がいい人になるために、試練を背負った人を利用するもんじゃない。

人を変えたい人の支援は「もっと変わりなよ」。

人を受け入れたい人の支援は「いまのあなたが好きよ」。

私の周囲の人たちは、前者1割、後者8割。

The following two tabs change content below.
セラピストの探しかた
「克服」から「治療」への逆行

近年の心の悩み当事者の傾向として、悩みを克服したいというよりは、治してもらいたい/助けてもらいたい/ …

セラピストの探しかた
「治療」と「克服支援(解放)」の視点の違い

「治療法」は誰でも学べるけど、「克服法」は当事者しか学べません。 たとえば、「子供を叩いてしまうんで …

カウンセリング業界の裏話
カウンセラーの「傾聴」が気持ちわるい!?…からの「共感」を捨てるトレンド

そんな話ありますね。私は「業務スキルくささ」と呼んでますが。 「傾聴」にまつわる技法の変遷を見てみま …