セラピストは火を繋ぐ!?

私は死ぬまでに、大事なことを伝えたいと思っています。死ぬ前に限らないかもしれませんが。

それは、書き残すものではないようです。言葉を残したいわけではないのでしょう。

伝えるといっても、知識のコピーではないようです。

松明の火を絶やさないようにしたいのだと思います。セラピストというのは、火を繋いでいるのだと思います。

それは語りべのようですが、不思議なことに、語るのはクライアント(来談者)の方です。

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. なんだかユルいセラピーのスタイル

  2. 命綱を手放すこと

  3. 私は「勧善懲悪」が好きではないようてす

  4. カウンセラーをする動機にもいろいろあるようです

  5. 背中を押さない

  6. セラピーは非日常

  7. やりたくない理由は、無いのではなくて、不明なだけ

  8. 声なき声