メンタルケアとセラピーの違い

ちょつと言葉が乱暴で不正確かもしれませんが、2つのサービスの違いについて。

メンタルケア(と、ここで呼ぶもの)は、精神的な不調を、なくす/減らすべきものとして、予防、対策するものです。主に企業がお金を出します。

セラピーは、まず本人がナニを望んでいるかを確認します。そこには、精神的な不調を生き方を改めるきっかけかもしれないと思うようなことも含まれます。

もしかすると、自分でも気づいていない怖れにかられた頑張りかたを卒業して、本当のチャレンジを始めるときなのかもしれません。

症状はエラーではなく、自分からのメッセージなのかもしれません。

それをも扱うのがセラピーです。なので、会社は費用を出してくれません。

対処して、

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …