メンタルケアとセラピーの違い

ちょつと言葉が乱暴で不正確かもしれませんが、2つのサービスの違いについて。

メンタルケア(と、ここで呼ぶもの)は、精神的な不調を、なくす/減らすべきものとして、予防、対策するものです。主に企業がお金を出します。

セラピーは、まず本人がナニを望んでいるかを確認します。そこには、精神的な不調を生き方を改めるきっかけかもしれないと思うようなことも含まれます。

もしかすると、自分でも気づいていない怖れにかられた頑張りかたを卒業して、本当のチャレンジを始めるときなのかもしれません。

症状はエラーではなく、自分からのメッセージなのかもしれません。

それをも扱うのがセラピーです。なので、会社は費用を出してくれません。

対処して、

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

ポジティブでも、ネガティブでも、怖れは怖れです。 セラピーでは、「私は悲しい」のような言葉を言っても …

人間関係
怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。 危害を加えたり、罪悪感を追わせたり …

体験談・事例
あがり症の共通点

あがり症にも、いろいろあります。相手が目上のときに緊張するとか、相手が複数人のときに緊張するとか。 …