お互いを変えようとしている場合

人間関係

お互いに相手を変えようとしている場合、どちらも変わらない。

経営者は従業員に変わってほしいと思い、従業員は経営者に変わってほしいと思う。家族の場合も同様。

どちらが正しいかは関係ない。

現状を打破することと、正しさを貫くことは、なんの関係もない。

「正しい方は変わらなくてよい。悪い方(間違っている方、不健康な方)が変わらなくてはならない」という呪いのルールから逃れる必要がある。

「まず自分が変わる」ということは、自分の方が悪いということではない。

心の能力の高い方が先に変わるしかない。

経営者と従業員の目的はなんでしょうか? 研修やカウンセリング導入の目的が相手を変えることなら、お互いを変えようとしているというトラップは何十年も長引くでしょう。目的が幸せになることなら、やがてトラップを解くでしょう。

「まず自分が変わる」ということは、相手の言いなりになるということではない。いわゆる「あゆみよる」のことではありません。

相手に従うのも、相手に反撃するのも、相手軸。それでは変わっていない。

自分を生きること。

「それが出来ていない貴方が悪い」と聞こえるとしたら、まだ悪者探し、ダメ者探しを卒業してない。

悪者探し、ダメ者す探しを卒業したなら、「自分を生きよ」が自分への批判ではなくなる。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
人間関係
余計なアドバイスは赦しのプロセスを妨げる

よく対人支援(とくにカウンセリング)やお友達の悩みを聴くときに、「余計なアドバイスはしない方がよい」 …

人間関係
あの人の問題を直すのがセラピストの仕事ではない

あの人の心の問題を治す/直すのがセラピストの仕事ではありません。 来談者の要望に基づいて心の問題を扱 …

人間関係
自分を信頼することに関して

ある人を信じてみると、自分を信頼できるようになることがあります。 誰がそのある人なのか、間違えると、 …