気づきや知識が役立つかは「望み」次第

心理セラピーの事前相談では目的を確認します。心理セラピーの当日も確認します。

それは、本人が望むこと以外(大きなお世話)をできるだけしないためでもあるのですが、もうひとつあります。

何かに気づいたとき、それに呪われるか、それを解決の糸口にできるかということです。

わかりやすいのは、ラベリングです。「○○障害」のようなことが自分に起きていると気づいたとします。

目的のある人は、「○○障害 解決法」と検索します。

目的のない人は、「○○障害 原因」と検索します。

実際には両方のようなことが起きるかもしれせん。

目的のある人は、全否定から部分否定へと視野が広がります。「私はダメだ」から「問題はそこか」となり、自分の健全なリソースを使いやすくなります。

目的のない人は、気づきやラベルにより視野が狭くなり、それまでなかった症状を作り出したりします。

目的というと堅いですが、何を望んでいるのかということです。「望みがある」とか「望みがない」とか、よく言ったものです。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …