気づきや知識が役立つかは「望み」次第

心理セラピーの事前相談では目的を確認します。心理セラピーの当日も確認します。

それは、本人が望むこと以外(大きなお世話)をできるだけしないためでもあるのですが、もうひとつあります。

何かに気づいたとき、それに呪われるか、それを解決の糸口にできるかということです。

わかりやすいのは、ラベリングです。「○○障害」のようなことが自分に起きていると気づいたとします。

目的のある人は、「○○障害 解決法」と検索します。

目的のない人は、「○○障害 原因」と検索します。

実際には両方のようなことが起きるかもしれせん。

目的のある人は、全否定から部分否定へと視野が広がります。「私はダメだ」から「問題はそこか」となり、自分の健全なリソースを使いやすくなります。

目的のない人は、気づきやラベルにより視野が狭くなり、それまでなかった症状を作り出したりします。

目的というと堅いですが、何を望んでいるのかということです。「望みがある」とか「望みがない」とか、よく言ったものです。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …