気づきや知識が役立つかは「望み」次第

心理セラピーの事前相談では目的を確認します。心理セラピーの当日も確認します。

それは、本人が望むこと以外(大きなお世話)をできるだけしないためでもあるのですが、もうひとつあります。

何かに気づいたとき、それに呪われるか、それを解決の糸口にできるかということです。

わかりやすいのは、ラベリングです。「○○障害」のようなことが自分に起きていると気づいたとします。

目的のある人は、「○○障害 解決法」と検索します。

目的のない人は、「○○障害 原因」と検索します。

実際には両方のようなことが起きるかもしれせん。

目的のある人は、全否定から部分否定へと視野が広がります。「私はダメだ」から「問題はそこか」となり、自分の健全なリソースを使いやすくなります。

目的のない人は、気づきやラベルにより視野が狭くなり、それまでなかった症状を作り出したりします。

目的というと堅いですが、何を望んでいるのかということです。「望みがある」とか「望みがない」とか、よく言ったものです。

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …

心理セラピー関連
「治ればよいというものではない」という感覚

厳密に定義されたものではないですが、心の問題解決には2分野あると思ってみてください。 一つはアンイン …