感情を受け容れると、感情的にならない

Facebooktwittergoogle_plus

攻撃されたわけでもないのに、人が攻撃的になる。これは、どのようにして起きるか。

人は感情の抑圧によって、感情的になります。

逆に、感情を受け容れる(自覚する)と、感情的になりにくくなります。感情があるのと、感情的なのは違います。

抑圧のプロセス(一例)

不安や悲しみなどの感情が生じる
 ↓
不安や悲しみを感じることを怖れる
 ↓
自分の気持ちから目をそらす。
そのために、自分ではなく他人に目を向ける。
 ↓
他人を攻撃する
(最初の不安や悲しみとは違った形で、感情的になる)

※ちなみに、攻撃的なる(感情的になる)以外の形もあります。笑いだす、ふざける、眠くなる、ウツになるなどなど。

このようなパターンになっている人はもちろん、自分がこのようになっていることに気づくことができません。他人に目が向いているので、心理セラピー(自分の心のメンテ)に挑戦しようとは思いません。

一方で、他人へ目が向くのではなく、自分の心の苦しみとして抑圧が現れる人がいます。これが、いわゆる精神的に苦しんでいる状態です。この人たちは他人ではなく自分に目を向けているので、心理セラピーなど自分の心のメンテに挑戦する可能性があります。それは幸運なことだと思います。その悩みの解決を通して、抑圧を解除することを学ぶからです。

抑圧を解除すると、自分の中に隠れていた不安や悲しみを完了させて平穏を取り戻したり、他者を深く理解したり、人を憎むことに人生のエネルギーを使い続けなくなったりします。

抑圧の解除を学ぶ機会を持たない人は、何十年も、または一生涯、人を憎むことに人生の時間とエネルギーを費やします。もし、あなたが精神的に悩んでいて、その悩みの主が自分であると自覚しているなら、そこには幸運が含まれています。

「悩みの原因は誰か」ではなく、「悩みの主は誰か」です。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
2種類の「あきらめました」が人生を左右する... 今回は、あきらめたときの注意点とでもいうようなお話を。 人が「あきらめました」と言うとき、心理状態としては全く異なる2種類があります。 (A)「欲しいけど得られない」ということを受け入れた (B)本当は欲しいけど、「欲しくない」ことにした これらの区別は本人にとって難...
自分と向き合うとは、感情を「所有」すること... 自分と向き合うことを、「感情を受け容れる」とか言いますね。セラピーで言うところの「解放」も、それを含みます。 「受け容れる」という言葉のは、分かりやすさを狙った言葉で、人によって様々なニュアンスを持ちます。 専門的には、より中立な表現で「感情を所有する」と言ったりします。 今回は、...
「恐れ」と「怖れ」 このブログで度々触れているテーマですが、「恐れ」と「怖れ」の違いをまとめておきます。 多くの人は、恐がることは弱さだと思っています。そして、恐がらないように努力すると強くなると思い込んでいます。心理学的には間違いです。 言葉の使い分けの定義は公式なものではありませんが、心の悩みの解決に挑...
人が死ぬとき後悔すること~「感情に振り回された一生」編... 人の死に立ち会うお仕事の方々が、人が死ぬときに後悔することを挙げていらっしゃいます。それらに影響する心理課題について書いてみます。 今回は「感情に振り回された一生」について。   振り回されるというと反応的なこと、「恨み」「逆上」「憎しみ」といった「怒り」に似たものについて書...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
心理療法セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理療法セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 心の傷, 感情知能 タグ: , パーマリンク