感情を受け容れると、感情的にならない

Facebooktwittergoogle_plus

攻撃されたわけでもないのに、人が攻撃的になる。これは、どのようにして起きるか。

人は感情の抑圧によって、感情的になります。

逆に、感情を受け容れる(自覚する)と、感情的になりにくくなります。感情があるのと、感情的なのは違います。

抑圧のプロセス(一例)

不安や悲しみなどの感情が生じる
 ↓
不安や悲しみを感じることを怖れる
 ↓
自分の気持ちから目をそらす。
そのために、自分ではなく他人に目を向ける。
 ↓
他人を攻撃する
(最初の不安や悲しみとは違った形で、感情的になる)

※ちなみに、攻撃的なる(感情的になる)以外の形もあります。笑いだす、ふざける、眠くなる、ウツになるなどなど。

このようなパターンになっている人はもちろん、自分がこのようになっていることに気づくことができません。他人に目が向いているので、心理セラピー(自分の心のメンテ)に挑戦しようとは思いません。

一方で、他人へ目が向くのではなく、自分の心の苦しみとして抑圧が現れる人がいます。これが、いわゆる精神的に苦しんでいる状態です。この人たちは他人ではなく自分に目を向けているので、心理セラピーなど自分の心のメンテに挑戦する可能性があります。それは幸運なことだと思います。その悩みの解決を通して、抑圧を解除することを学ぶからです。

抑圧を解除すると、自分の中に隠れていた不安や悲しみを完了させて平穏を取り戻したり、他者を深く理解したり、人を憎むことに人生のエネルギーを使い続けなくなったりします。

抑圧の解除を学ぶ機会を持たない人は、何十年も、または一生涯、人を憎むことに人生の時間とエネルギーを費やします。もし、あなたが精神的に悩んでいて、その悩みの主が自分であると自覚しているなら、そこには幸運が含まれています。

「悩みの原因は誰か」ではなく、「悩みの主は誰か」です。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
こわがらないと、こわくなる こわがらないと、こわくなります。 例えば、店主(自分)が客から不満を言われたとします。セミナー講師(自分)に参加者が嚙みついたとします。そこで、「悪いのはあんただ」と言い返す。もしくは、心の中でそのように思う。 言い返してしまう(相手を批判してしまう)のは、自分が恐さををもったからです。...
2種類の「あきらめました」が人生を左右する... 今回は、あきらめたときの注意点とでもいうようなお話を。 人が「あきらめました」と言うとき、心理状態としては全く異なる2種類があります。 (A)「欲しいけど得られない」ということを受け入れた (B)本当は欲しいけど、「欲しくない」ことにした これらの区別は本人にとって難...
「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です... ある人のことが嫌い。そんなとき、どうすればよいのでしょうか? どのように自分の感情と向き合えばよいのでしょうか? 感情をコントロールして抑えるのがよいのでしょうか? ⇒おすすめしません 相手に思い知らせてやった方がよいのでしょうか? ⇒おすすめしません それが過剰反応の場合は、心理...
苦手な人のSNS投稿は「いいね!」を押してしまう... 苦手だなあ、イヤだなあと思うと、その人の投稿に「いいね」押してしまう。場合によっては、シェアまでしたりして。そして、コメントまで。ずぼらな自分が、苦手な人に限って漏らさずコメント返信してしまう。 分かりやすい時代になりました。 「いいね!」を押したくて押しているのか、押さずにはいられない...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
心理療法セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理療法セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 心の悩み, 感情知能 タグ: , パーマリンク