言いにくいことを伝えるときの3つの準備

Facebooktwittergoogle_plus

人間関係づくりの基本はよく聴くことですが、何かを伝えないと先に進まないということもあります。

新しいパートナーシップのためにこれまでの関係を刷新する。関係者にやり方を変えてもらったり、反対意見を伝える。叩かれ上手くない部下を指導をする。相手に不利益と思われそうな交渉をする。

今回は、 言いにくいことの伝え方をお伝えします。

この分野もいろいろと研究されているようですが、それらを全て習得するのは大変です。ですので、3つだけ実践してください。

1.目的を決める(Goal)

その言いにくいことを伝えることで何を実現したいのかを明確にします。

それによって、伝えることのメリット/デメリットのバランスをとり、必要な範囲がみえてきます。不必要な批判などを省くことができます。

「ゴール」と覚えましょう。

2.前置きを考える(Frame)

本題を話す前に、なぜそんな話をするのかということや、批判の意図がないことを伝えます。

それにより相手が建設的に受け止めてくれる可能性を高めます。

この効果は、額縁によって絵画が違ってみえる効果との比喩で、「フレーム」と呼ばれます。

3.結果を予測する(Space)

相手の反応を予め想定して、自分の心の準備をします。相手の反応を見守る余裕のことを「スペース」と呼びます。

それによって、反応合戦になる可能性を減らして、お互いに傷を浅くします。

ゴールを決めて、スペースとフレームを用意して臨みましょう。

いかがでしょうか。これくらいなら実践できますよね。

自分の感情的反応に注意したり、自分の気持ちを伝える大切さについても学んでおきたい方は、こちらのメール講座もどうぞ。

関連記事
【対処法】反論して言い負かしたくなる... 人の話したことに対して、反論したくなったり、言い負かしたくなったりする性質が強いと、体力も精神も人間関係も消耗します。 たとえば、知人から何かアドバイスを受けて、それを実行したくないとき。猛烈に反論してしまう。 たとえば、誰かが言った意見が自分の考えと違っていたとき、言い負かしたくなって...
「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問... 「嫌なのに人の誘いを断れない」というケースについてお話します。 嫌なんです。本当に嫌なんです。友人は「断ればいいじゃないか」と言います。でも、どうやって断ればいいかわからない。 たとえば、こんなケースを例に挙げましょう。 「上司から昼休みのランチに誘われるが、断れずいやいや同伴して...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
本当の自分を生きるための深層心理セッションを提供する 心理セラピスト/経営心理コンサルタント。
カテゴリー: 対処法 タグ: , パーマリンク