人の役に立つ必要のない者を友としたい

Facebooktwittergoogle_plus

雑談です。

「人の役に立ちなさい」「人の役に立ちたい」

場合によっては、不気味な言葉。荒んだ心へ投げかけるような。

具体的な相手も、具体的なシーンもなく、 ”人のお役に立つ自分” だけがある。

あるTV番組で、障害を持つ姉の世話をしている少女が、「将来は医者になりたい」と言っていた。そこには具体的な相手も、具体的なシーンもある。その少女が求めているのは、”役に立っている自分”ではない。

やがて、具体的な気持ちが広がって、人のためになること全般に興味を持つようになるでしょう。それでも、具体的な誰かに具体的な何かをしたいのであって、人の役に立つ何者かになりたいわけではない。「○○ちゃんは、人の役に立つ仕事をしたいんだね」などと言い聞かせないでほしい。

「力になりたい誰かがそこにいる。価値あるその人の力になりたい」
それとも
「私は助ける人になりたい。価値ある私になるために、私に助けられる誰かが必要」

「人の役に立ちなさい」「人の役に立ちたい」はどっち?

・・・

私は、人の役に立つ必要のない者を友としたい。そういう人は私にとって大事な友になる。そういう人たちにずいぶんと助けられた。彼らは助けたなんて思っていない。彼らが価値ある人間であることのために、私が”助けられる人”として使用されることはない。ただ、一緒に楽しみたいだけ。お互いを大切にしている。

関連記事
余計な同情の言葉もなく つくづく思うのは、人に嫌われたくない、人に好かれたい、というのが強い人はセラピスト向いてないです。セラピストが好かれるためのセッションほどひどいものはない。   人が悩みをうちあけたとき、こう言ったら好かれるだろうな、こうやったら優しいと思われるだろうなという場面は多々あります...
マイナスからゼロって、何やねん セラピーはマイナスからゼロへのプロセスだと言う論説があります。 しかし、セラピーのプロセスを経て幸せを感じている人、味わい深い人生を楽しんでいる人たちがいます。というか、たいていそうなってるでしょ。 「セラピーはマイナスをゼロにするものです」と言わず、「私はマイナスをゼロにするプロセスに...
タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由... 性格分類などのタイプ論は楽しいです。「○○診断」「○○占い」とか。 人は自分や他人にラベルを貼ると安心します。(タイプ論に限らないですが) タイプ論セミナーでは、質問者が長々と質問した後につぶやきます。「ふー、これでわかったわ。だからうちの旦那は、ああなんだ」。 タイプ論を覚えて人...
【コラム投稿】生き方を変えるためには必要なことを揃えてはいけない... 新しい生き方へ踏み出すために、必要なこと・・・それは、「必要なものを揃える」という発想を脱すること。 「目標を決めて、そのために必要なものを揃える」、これちょっと危ないのです。 「必要なものを揃える」というのは、「できない理由を探す」ということと心理的に相性がよいのです。 数学や論...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
心理セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 雑談 パーマリンク