【雑談】こっそり言ってみよう

Facebooktwittergoogle_plus

たとえば、「死ね」なんて語彙に安易に頼らないほうがよいですよ。

倫理や道徳ではなくて、心理の観点から自分のために。

何が嫌なのか、こっそり独り言を言ってみましょう。

「むかつくーっ」

おしい! 何が嫌なのか、こっそり言ってみましょう。

「あいつの嫌なところ」ではなく、「自分が嫌がっていること」ですよ。

人の罪状ではなく、自分が感じている痛みです。自分が満たしたかったもの。

そこは頑張る価値があります。やってみると、利益率がよいことがわかるかと。

 
ちょっと気づいたのは、このゲーム、若い子たち、わりとデキます。ちょっぴり成功している大人、できない人が多いです。

このゲームは失うものがないと有利なのかもしれません。

だとすると、失うものがないまま、幸せになれるとよいですね。なにかが上手くいきはじめたとき、失いたくないものが手に入る。それを失われることのないものに変換してゆく、ということでしょうか。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
熱心に売込むと客が離れる、熱心に助言すると友が離れる... 「熱心に売込むと、客が嫌がる」という現象ありますね。「押し売りのつもりはなくて、本当によい商品を紹介しているだけなのに」というケースについての相談もあります。 「人に大事なことを教えようとしたら、拒絶された」という場合も似ています。 せつないですね。このパターンに入ってしまったら、早く乗...
幸せへの必須能力、心の知能(EQ/EI)を高める方法... 人の成功や幸福を決定づけるものは、知能指数(IQ)ではなく、心の知能指数(EQ)・心の知能(EI)であることが数十年前から調査報告されています。 これを高めるとはどういくことなのでしょうか? 自分の心の状態(主に感情)に気づくこと。それが根本です。 例えば、男性経営者に多いのは、リ...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 視点・本当の問題, 雑談 タグ: , パーマリンク