人間関係

「助けて」と言えないことが自分の問題だと、気づいている人もいらっしゃるかと思います。

そこで、頑張って「助けて」と言ってみる。いいと思います。問題が軽めの場合は、いけるかも。

もしくは、心理セラピーで解消する。いいと思います。根本的に解決したい人向け。

こんなアプローチもあります。

「助けて」と言えないには、それなりのわけがある。そのわけを大切に赦してみる。たいていは人に納得してもらうための言い訳がでてきますが、言い訳であっては効果ありません。本当の訳を受け入れたとき、「助けて」を言えるという体験があります。どんなことから、どうな風に言えばよいかもわかります。

その体験の、なんとなくのイメージですが、「値段が分からない商品の購入ボタンが押せない」状態から「高いけど値段が分かっている商品の購入ボタンを押す」状態への変化にも似ているかもしれません。もっと深いですけどね。

人は必ず忘れるので、もう一度念を押します。

言い訳ではなく、本当の訳ですよ。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
心のトラブル対処法
人の言葉の受け取り方の3種類

人から言われた言葉の受け取り方は大きく分けると三通り。 Ⅰ、反応的(自分に対する肯定か否定かを自動解 …

心のトラブル対処法
インターネットで調べても解決しない問題

心の問題を解決するために調べるとして、インターネットで調べても出てこない情報というのがあります。 「 …

心のトラブル対処法
無理せずに頑張るとは、どういうことか?

苦しい現状を変えるのが難しいとき、無理してるから上手くいかないなんてことがあります。心理相談のお客さ …