「助けて」と言えないことが自分の問題だと、気づいている人もいらっしゃるかと思います。

そこで、頑張って「助けて」と言ってみる。いいと思います。問題が軽めの場合は、いけるかも。

もしくは、心理セラピーで解消する。いいと思います。根本的に解決したい人向け。

こんなアプローチもあります。

「助けて」と言えないには、それなりのわけがある。そのわけを大切に赦してみる。たいていは人に納得してもらうための言い訳がでてきますが、言い訳であっては効果ありません。本当の訳を受け入れたとき、「助けて」を言えるという体験があります。どんなことから、どうな風に言えばよいかもわかります。

その体験の、なんとなくのイメージですが、「値段が分からない商品の購入ボタンが押せない」状態から「高いけど値段が分かっている商品の購入ボタンを押す」状態への変化にも似ているかもしれません。もっと深いですけどね。

人は必ず忘れるので、もう一度念を押します。

言い訳ではなく、本当の訳ですよ。

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

対処法
心理の問題の解決の2層構造

心の悩みについて、カウンセリングやセラピーやリトリートイベント等で起きる解決を、2層で捉えるのも参考 …

対処法
ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的 …