【ひとまずの対処法】 悩み・苦しみが続くとき

Facebooktwittergoogle_plus

悩み・苦しみが続くとき。なんとかしなければと思うけれど、精神的に余裕がなくて、どうしていいかわからないとき。

そういうとき、何もできていないようでいて、実は少しずつ改善への努力をしていたりするものです。自分を見くびらないでください。

でも、弱ってますよね。無力感があるのはしかたない。そんなときに自分を支える内なる優しい参謀を呼び出す対処法を書きます。

困った状況なりに、何ができるか、それが大事です。こんな小さなことやっても解決できるわけではないし、と思っているようなことが改善への第一歩だったりすることもあります。

ただ、この作業に入れないような不安状態であれば、まず【対処法】不安への対処法7ステップや各種リラクゼーションなどの対処を講じてください。

d978c1b9a7245a199c6b7f2c9e019a62_s


内なる参謀がこんな風に言っていると思ってください。「悩み状態チェックしましょう」

次のように3つの項目「悩み・苦しみ」「継続したいこと」「検討してもいいこと」を紙に書き出してみます。

悩み・苦しみ
・いつも職場で変な仕事を押し付けられる
・「もう消えてしまいたい」と思ってしまう
   ・・・

継続したいこと
・朝夜の瞑想
・○○先生の本を読む
   ・・・

検討してもいいこと
・ヒーリング音楽CD
・セラピストに会ってみる
   ・・・

漏れなく洗い出そうと完璧主義にならず、1分間くらい でサクッと書き出します。

できないんだよなと思うことがあれば、内なる参謀がこう言います。「ひとまず挙げておくだけでも、意味あるかと思います」

そして、しばらく眺めてみます。

各項目に◎○△×をつけます。汗マークや気持ちの一言を付けてもいいです。ここは、自分を責めないのがポイントです。

内なる参謀がこんな風に言っていると思ってください。「できることをやってみましょう」

弱っているなら、「やるべきこと」というよりは「できること」です。何かをすれば、また選択肢が広がるかもしれません。エネルギーを感じるときは「やるべきこと」もいいかもしれません。

解決策を出するというよりは、悩み状態のチェックを主眼に、ときどき繰り返してやってみるとよいでしょう。繰り返すのがポイントです。

行動したいけど行動ができなくて苦しい、動けないという状態になっていたら、【対処法】「行動できず苦しい」抜け出す6ステップもご参考に。

苦しさの原因が心にあると思われる場合は、深層心理の根本原因を変えることが有効かもしれません。心理セラピーや心理コンサルティングが道を開くかもしれません。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

心のトラブル - 対処法
こわくて動けないときの、軽めの対処法

「こわくない」と言わずに、 「楽しみだ」と言ってみるとよいですよ。心理カウンセリングで、プロセスを諦 …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

心のトラブル - 対処法
ちゃんと泣く

ネイティブアメリカンの儀式でも、心理セラピーでも扱われる原始的な感情について。原始的な感情である、「 …