視点・本当の問題

幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか?

「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。

 

辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。

 

また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。

 

そういえば、「辛い」と「幸せ」は字が似てますね。

 

辛い人たちが問題を解決してゆくとき、完全な解決より前に笑いや楽しい時間があったりします。私もそんな経験あります。意外な順番かもしれませんが、結構そうだったりしませんか。

 

辛いことがあっても、幸せも感じてもいいのかもしれませんね。

 

    「幸せを感じる」 ≠ 「辛いことがない」

 

これらを区別して、周りの風景を見回してみるのもいいですね。辛いことも、幸せも、両方感じるというのをまずは許可してみてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.
心理セラピスト 心理相談、心理セラピー(心理療法)、グループセッシヨン、講座などを提供しています。
視点・本当の問題
「うつ病になってない」が幸せの尺度なのは疑問です

「友達の人数と幸せの関係」についての研究(統計調査)の話があるそうでして。 「友達が多いと幸せとは限 …

心理セラピー・心理相談
自己啓発の教えを実践しないのには理由がある

自己啓発を教える人は、 「こうすれば、上手くいく。しかし、大抵の人はやらないんだよね。だから大抵の人 …

視点・本当の問題
心理相談ではHSPという言葉は使いにくい

心理相談の現場で私はHSPという概念を自分のラベルに使うことをあまりお勧めしてません。 その特徴をチ …