辛いことがあっても、幸せも感じていい

幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか?

「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。

 

辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。

 

また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。

 

そういえば、「辛い」と「幸せ」は字が似てますね。

 

辛い人たちが問題を解決してゆくとき、完全な解決より前に笑いや楽しい時間があったりします。私もそんな経験あります。意外な順番かもしれませんが、結構そうだったりしませんか。

 

辛いことがあっても、幸せも感じてもいいのかもしれませんね。

 

    「幸せを感じる」 ≠ 「辛いことがない」

 

これらを区別して、周りの風景を見回してみるのもいいですね。辛いことも、幸せも、両方感じるというのをまずは許可してみてはいかがでしょうか。
The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 「癒やし」なんていらない?

  2. ネガティブ感情は大切、ネガティブ思考は有害

  3. 自分を信頼することに関して

  4. 見ている世界が違うということを感じとれてこそ、つながり

  5. 心と人生の謎を解く3つの鍵

  6. あの人が嫌い!? 「怒り」と「恨み(怨み)」は真逆です

  7. 深層心理によって、世界が全く違ってみえる

  8. 「信じる」と「疑わない」は別のこと