辛いことがあっても、幸せも感じていい

幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか?

「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。

 

辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。

 

また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。

 

そういえば、「辛い」と「幸せ」は字が似てますね。

 

辛い人たちが問題を解決してゆくとき、完全な解決より前に笑いや楽しい時間があったりします。私もそんな経験あります。意外な順番かもしれませんが、結構そうだったりしませんか。

 

辛いことがあっても、幸せも感じてもいいのかもしれませんね。

 

    「幸せを感じる」 ≠ 「辛いことがない」

 

これらを区別して、周りの風景を見回してみるのもいいですね。辛いことも、幸せも、両方感じるというのをまずは許可してみてはいかがでしょうか。
※当サイトのブログ記事は私見です。ご自身の判断と責任においてご活用ください。
※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成・フィクション化をしています。