幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか?

「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。

 

辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。

 

また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。

 

そういえば、「辛い」と「幸せ」は字が似てますね。

 

辛い人たちが問題を解決してゆくとき、完全な解決より前に笑いや楽しい時間があったりします。私もそんな経験あります。意外な順番かもしれませんが、結構そうだったりしませんか。

 

辛いことがあっても、幸せも感じてもいいのかもしれませんね。

 

    「幸せを感じる」 ≠ 「辛いことがない」

 

これらを区別して、周りの風景を見回してみるのもいいですね。辛いことも、幸せも、両方感じるというのをまずは許可してみてはいかがでしょうか。
 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

視点・本当の問題
売り手は、顧客視点を持てなくなる。

久しぶりに経営心理のお話です。 押し売りの気持ちがあるとき、たいていは本人はその気持ちを自分に隠しま …

心のトラブル - 対処法
「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレック …

自分と向き合う
「無意識」の結果が「意識」に現れる

20世紀の三大発見の1つが、「無意識」だそうです。その言葉はほとんどの人が知っていますが、その意味は …