「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレックスというのが、ありますね。

劣等感を解決することは、劣等感を消せばよいというものではないというお話。

「人より劣っているという感覚」として自覚されることがあります。だからといって「人より劣っていない状態をめざす」とか「人より劣っていないと自分に言い聞かせる」とかは、対策としてはズレているわけです。(応急処置や個別対策にはなりますが、根本問題は深まります)

私は「人より劣っていることへの恐怖」と表現します。劣等恐怖、劣等不安、といった方がよいかなと。

まあ、劣らない方がよい、勝りたいというのは、それはそれでよいのですが、「劣ると死ぬ」とか「劣ると居場所がない」とかは問題となります。

そこには、刷り込みがあります。

「人より優れなければ幸せになれない」
「人より劣ると幸せになれない」

これを、自信のなさという観点とは区別してみてもよいかもです。

心理セラピーで扱うのは、優れるためのレッスンや、ポジティブシンキングではなくて、根本の方ね。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
メンタルケアとセラピーの違い

ちょつと言葉が乱暴で不正確かもしれませんが、2つのサービスの違いについて。 メンタルケア(と、ここで …

心理療法セラピー関連
個人セッションの流れ(「原因論の罠」と「未来指向の罠」を超える)

「過去をほじくりまわす」だけのカウンセリングは、自分が不幸である理由がわかるだけです。人生で起きるで …

心理療法セラピー関連
私がこういう人間になったのは何故か、1つのセオリーに解釈を固定するのは危険

事情が違うのです。なぜ違うのかを問わずに、仲間に受け入れることができる世界を夢見ています。 I am …