「人より優れなければ幸せになれない」という刷り込み

自信なさとか、余計な競争心とか、他者評価に生きるとか、そういったもの奥に、劣等感とか劣等コンプレックスというのが、ありますね。

劣等感を解決することは、劣等感を消せばよいというものではないというお話。

「人より劣っているという感覚」として自覚されることがあります。だからといって「人より劣っていない状態をめざす」とか「人より劣っていないと自分に言い聞かせる」とかは、対策としてはズレているわけです。(応急処置や個別対策にはなりますが、根本問題は深まります)

私は「人より劣っていることへの恐怖」と表現します。劣等恐怖、劣等不安、といった方がよいかなと。

まあ、劣らない方がよい、勝りたいというのは、それはそれでよいのですが、「劣ると死ぬ」とか「劣ると居場所がない」とかは問題となります。

そこには、刷り込みがあります。

「人より優れなければ幸せになれない」
「人より劣ると幸せになれない」

これを、自信のなさという観点とは区別してみてもよいかもです。

心理セラピーで扱うのは、優れるためのレッスンや、ポジティブシンキングではなくて、根本の方ね。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …