Points of You Japan な世界に参加する

イベントに行ってみる

ワークショップイベントに参加するなら、複数のファシリテーターに会ってみることをお勧めします。

ファシリテーターの資格の上下は提供内容の質にあまり関係ないと思います。あなた目的に相性のよい活動をしている人がよいでしょう。

Kojun(この記事を書いてる人)は、セラピー的なグループセッションの雰囲気になることが多いです。

東京のおすすめ

中部地方のおすすめ

日々の音

わたし×POINTS OF YOU®︎ - わたしを生きると決めたあなたへPoints of You®を通してあなたが心…

京都のおすすめ

Coaching Labo LIBERTE

“タロットカード??”ではありません。カラフルな写真と言葉でできたカードは、実はコミュニケーション……

資格をとる、とらない

6時間の L1 Hello Points Workshop(約5万円+税)に参加すると、カードツールが手に入り、「エクスプローラー」(L1)という資格が認定されます。認定された人たちは、「有資格者」とか「トライブ(仲間)」と呼ばれ、Facebookの公式トライブグループに参加できます。

これに参加せずに、カードツールの購入のみも可能です。

資格取得にこだわらず、いろんな出会いを求めてワークショップに参加してみるのもよいでしょう。

とくに複数の先人から教わることをお勧めします。

アカデミーって何?

経緯と現状

アカデミー導入以前は、日本独自の自由度の高い資格制度で成果を上げていました。Points of You の良好なコミュニティはその頃の成果です。

2019年11月に日本にもアカデミーが導入されました。アカデミーとは、国際的な本部が定めた資格取得プログラムです。

レベル2資格者になるとレベル1アカデミー(Hello Points Workshop)を開催することができます。ただし、レベル2資格者になるための費用をレベル1アカデミー開催収益で回収するためには、参加者が20人くらい必要です。そして、これはネットワークビジネスのような連鎖システムの構造になっているので、これをビジネスと捉えると仲間がどんどん競合になってゆき、破綻(回収に失敗する人たちが増えてゆく)が起こりえます。既に20人以上の見込み客がいる場合でなければ、ビジネスとして参加するのは私はおすすめしていません。

※これは、Points of Youに限らず、各種の心理療法のメソッドも、資格ビジネス化しようとする勢力があります。

Kojunのお勧め

オリジナルワークショップやご自身の職場やお仕事に組み込んむビジネス活用、またはご自身の探求のために学ぶのがよろしいかと思います。

なお、私の実感としては、上位資格者が下位資格者よりも良いワークショップやセッションをするかというと、まったく関係ないように思います。

ただし、タイプの異なる複数の上級者(上位資格者ではなく、あなたが認める使い手)から教わったことがあるかは、差が出ます。

Kojunの現状

ちなみに、Kojunは2019年までの旧資格制度でPoints of You 資格者養成講座を提供していました。新制度アカデミーの資格取得ワークショップは開催していません。

アカデミープログラムが「知識の階段を登って上がってゆくことを目指す」のに対して、Kojunは「深く潜ってゆく」という方向性を大事にしています。

イベント開催は、ときどきたまに、です。

- protected -