三種類のチーズ盛り合わせ。じゃなかった、三種類の問いかけを区別してみてはいかが? 一つの型稽古ですが。

Asking

「写真の中の何がめにつきますか? それ以外に何が見えますか?」

これは、質問文の形にはなっていますが、意図は「最初に目をつくものだけでなく、それ以外もよく見てください」ということ。質問の形にすることてで、それをスムーズにしています。

答えに耳を傾ける必要はありますが、答えはその後のプロセスにはあまり関係ありません。多少ずれた答えでも、深く納得していなくてもよい場合が多いでしょう。

「拡散」ステージで使います。

Query

「あなたを止めているものは何ですか?」など、プロセスを構成する問い。

レイアウトチャートに書かれている問いや、エンカウンターでファシリテーターがお題として出す問いは、じっくりと答えを探究していただくものです。

「一言で言うと?」と短くしたり、「それがあなたを止めているものですか?」と問いの答えになっているか、本人が納得しているか確認したりもします。

「収束」ステージで使います。

表引きでガードを選ぶのもQueryに近いです。

Questioning

パンクタムの質問カードを見てヒントにするなど。最終クエリーの直前にパターンを壊したり、視点を変えたりするために使ったりします。

これは、質問への答えが欲しいわけではなくて、心の中にすでにあるものが自動的に動き始めることが狙いです。たいていは、別のクエリー(「気づきはなに?」など)のためにあります。

スピリチュアルワークや禅問答でも似たことをするようです。おみくじもそうかもしれません。

裏引きでカードを選ぶのも、Questioningに似ています。

 

それぞれ、意図を意識してやっみるのもよろしいかと。

セッショニストが気の効いた質問をしようとするのは、アドリブでQueryを作ろうとするようなものです。それはコーチングやカウンセリングのプロの技ですね。無理しない方がよいです。

通常はQueryは予め用意しておいて、Askingをアドリブでやるのがお勧め。

[戻る⇒Points of You Practical (実践のヒント)]

 
※このページはマスタートレーナー上野貢潤の私見です。POINTS OF YOU JAPAN の公式文書ではありません。


Facebooktwittergoogle_plus