※このページはマスタートレーナー上野貢潤の私見です。POINTS OF YOU JAPAN の公式文書ではありません。

Points of Youの基本メソッドをマインドフルネスの観点からみてみましょう。

五感と自己洞察を大切にする

Points of Youのプロセスは、思い込み(知識や世界観の投影)を真実・現実と混同することを退けて、あるがままの観察すなわち、五感や自己洞察(Inner research)を促すという点で、マインドフルネスと重なるところが多いです。

ここ10年間で脳科学の研究は進んで、「モード(脳の活性パターン)」という観点で脳の活性化状態をみています。測定によって、こんなときは脳のこの部分が活性化するというのが判ってきているのですが、その「部分」というのが一ヵ所ではなくて、複数のヵ所の組み合わせとなっています。「脳のここと、ここと、ここが同時に活性化している状態」というのを「モード」といいます。

※単純に一ヵ所ではないのです。まして、右脳・左脳というような2つのパーツで説明できるようなものでもありません。今日では、学会主催の講演や研究会でも、脳研究者の口から「右脳・左脳」という言葉はまず聞かれません。「左脳型人間」とか「右脳活性」とかいうものは、ほぼ都市伝説です。発想しやすい脳の状態は「右脳活性」ではなく、「デフォルトモード」です。「右脳活性」状態は、むしろ感情に支配されて真実を見失ったり、ウツ状態のとき、すなわち深い発想ができない状態のときに起きているということも判っています。

瞑想中の僧侶の脳の測定の研究により、これが仏教瞑想の実践とちゃんと対応することが解ってきている、というのがマインドフルネスですね。長い歴史を持つ仏教概念も「モード」に対応しています。

モードやネットワークというのは「雑念に気づいた瞬間」というように、わりと明確に観察できます。ですので、瞑想では「気づきましょう」というディレクションはあっても、「右脳を使いましょう」というような観察不可能なディレクションはないわけです。(思考や感情は観察体験できますが、感情的になることが発想によいとは言えません)

モードが観察可能というのは、講座内の体験で、「これとこれが同時に観えますね」と確認した五感体験や、一つの写真から目が離せなくなってしまったというような具体的な動作がそれです。

Points of You Methodへのマインドフルネス応用

マインドフルネスはFA(Focused Attention)とOM(Open Monitor)の実践(モードの使い方として解明されつつある)があります。

FA – 雑念と仲良くしながら集中する。(雑念に気づいて集中に戻る)
OM – なんでも判断なく観察する。(あるがままを観る)

Points of You Methodに照らしてみてみましょう。

1.ポージング

FAもOMも有効かと思われます。

FAに近い仏教的表現が「止(し)」であることを考えると、ポージングではFAを重視してみてもよいかもしれません。

その場合、雑念を中断して”戻ってくる”という体験を重視します。
雑念に気づく瞬間に前部帯状回(脳のやや前にある)が活性化するということが解っています。サマタ瞑想(≒FA)ではここを鍛えているわけです。

戻ってくる先も必要なので、身体感覚、呼吸、周囲の気配などの注意先をガイドしてもよいかと思います。対象者が子供とかでないかぎり、「数を数える」はあまりお勧めしません。(理由説明は省略)

あ、音楽も戻り先になります。刻一刻と変化するものはフォーカス先に適しているようです。そういう意味では、宗教に念仏や讃美歌があるのも納得です。

ファシリテーター自身がこのモードを実感として知っていることが望ましいので、苦手な人はまずタッチ&リターンのワーク(実技は講座内で)で感覚をつかむとよいかと思います。

2.拡散

OMを重視するとよさそうです。仏教的表現では「観(かん)」です。写真観察では「観えているが、判断しない」、心の状態としては「想っているが怖れない」(Open Heart)、「気づいているが囚われない」(Open Mind)です。コーチングゲームであれば、この状態になるように質問して、この状態になったら次の収束フェーズへ移るようにすれば、マインドフルなセッションということになります。

この状態もファシリテーター、セッショニストが体験を通して知っていると判りやすくなります。セッションや見学のときに意識してみてください。

見えているものを観る、感じていることを感じる、というのは思い込み、先入観、固定観念から自由になっている状態です。「あの人は左脳型だ」というのは、観てもいないものを、観ているかのように錯覚しているので先入観です。右脳や左脳の状態は測定装置なくして見えません。ですので、拡散フェーズが達成された人は、「右脳を使ったわー」というような感想は言いません。

3.収束

ここでは、OMの状態を残したまま発見し、FAを使ってそれを意識化します。仏教関係者の言葉を借りると、「放心(OM)」と「求心(FA)」を同時にということになります。たくさんの情報や思いつきに対して心が開いていながら、大事なことにグイグイ惹きよさられているような状態です。Points of Youではよく見かける、おなじみの状態ですね。

写真カードを使うと、まず言葉にならない何かを掴んでから、それを言葉にしてみるということがしやすくなります。

4.行動

行動するときは、必ずしもマインドフルではありません。「することモード」という視野の狭い状態が必要な場合もあります。

行動を計画するときは、大切なことから逸れないように「求心(FA)」ということになるかと思います。

※具体的なワークを通しての理解は、養成講座で。

[戻る⇒Points of You Practical ~ 実践者向け無料記事]

 
※このページはマスタートレーナー上野貢潤の私見です。POINTS OF YOU JAPAN の公式文書ではありません。