「自殺防止」という言葉に冷淡さを感じます

ずっと前から、叩かれそうになりながら、ひっそりお伝えしていますが、私は「自殺予防」とか「自殺防止」という言葉に違和感を持っています。

これまで自殺防止とは、たいていはゲートキープ(自殺しそうな人を止める)のことを指していて、それはそれで必要なことでもあるのですが、そもそも死にたくなる事態をなくさなければと思うのです。

自殺というのは最終結果であって、そこだけインデックス(数値目標)にしている感じ。「自殺者の数を減らす」「自殺をとめる」というのは、なんかぜんぜん踏み込んでいない感じがします。

ある統計によると、自殺既遂者の背景としてダントツに高いのが「返済困難な借金」と「身近な人の 自殺・自殺未遂」だそうです。

「身近な人の 自殺・自殺未遂」というのは、いわば心因性[1]心に原因があるとでもいいますか、対人支援が「自殺を」防ぐことは本質的にあるように思えます。心の問題だからです。

一方で「返済困難な借金」というのは、いわば外的要因[2]個人の問題だとしても、心の外に原因があるとでもいいますか、自殺防止ではなくて、自殺するほどの苦しみの防止が必要なのではないでしょうか。

「生きていることが、死ぬよりも辛い」ということになっている人に、生きさせることをは、苦しみ続けろというメッセージになります。

生きることが死ぬことより楽にならなければ、あるいはそう期待できなければ、意味がないと思います。

支援者や行政は自殺という結果しか感じ取りませんが、本人は苦しみを感じています。死ぬほど。生きろというのは支援や行政の都合でしかないのではないでしょうか。「当事者にとっては」です。

苦しみ > 死ぬ

となっているわけですから、国の政策などによって取り除くべきは自殺ではなくて苦しみでしょう。

ほんとうに人を救うのであれば、外的要因に対してインデックス(数値目標)をたてる必要があると思います。

私が自殺しかけている当事者なら「自殺をとめてくれ」ではなくて「苦しみから救ってくれ」と思うでしょう。

「自殺防止」という言葉は、当事者にとって救いのない言葉だなあと思います。

「自殺はぜったいにいけない」という人がいますが、「ぜったい」と言いながら借金を肩代わりはしてくれません。「ぜったい」なのに・・・。

「(自分は)それはしないよ。代案もないよ。でも(あなたは)自殺してはいけない」というのは、とてつもない人間の冷酷さを感じます。

※ただし、ゲートキーパーは「死んではいけない」と思っている方が防げる率が高いというデータがあるそうです。私は逆の体験もしていますが。

私も相談者に自殺念慮があるときに、それを防止するための技術というのを習ったことがあります。とりあえずそれは必要かもしれません。内的要因の側面についてはそうですね。ですが、外的要因の場合は、根本はそこじゃないと思うわけです。

ゲートキーピングでは「つなぐ」という言葉が使われているようで、連携ということとも関係してくると思います。

でも、目的は「自殺防止」ではないと思います。「苦しみ防止」だと思います。

「死ぬな」ではなくて「死ななくても大丈夫」を探しているのだと思います。

・・・・と、叩かれそうになりながらも持論を発してきたわけですが、行政もそこは捉え始めているようです。

「個人の問題」と認識されがちであった自殺は広く「社会の問題」と認識されるようになり、(中略) 自殺は、その多くが追い込まれた末の死である。自殺の背景には、精神保健上の問題だけでなく、過労、生活困窮、育児や介護疲れ、いじめや孤立などの様々な社会的要因があることが知られている。(中略)自殺対策の本質が生きることの支援にあることを改めて確認し、「いのち支える自殺対策」という理念を前面に打ち出して、「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現」を目指す。

自殺総合対策大綱(抜本的に見直し・平成29年7月25日閣議決定)

あ、そゆことです。これは冒頭で強調して書かないといけないくらい、無視されがちなことということですね。

以前に厚生労働省に掲載されていた(いまは削除されてる?)「(自殺する前に)精神科へ行こう」キャンペーンみたいなパンフレットも不気味でした。医学界の偉い先生によって書かれた説明には「自殺者の多くが自殺前に精神疾患を発症している」という統計とともに、「苦難 → 精神疾患 → 自殺」という図が描かれていて、ゆえに精神科に行きましょうというのです。

「雨に濡れた → 肺炎 → 死亡」なら、肺炎を治療することで死亡を防げるかもしれませんが、「苦難 → 精神疾患 → 自殺」は違います。精神疾患が自殺の原因であるかのように説明するのは間違いかと思います。自殺に至るには精神疾患を発症するほど追い込まれているということだろうと思います。

※ウツの自殺念慮など、入院等で安らぎを取り戻すケースはありますので、病院に行かないのがいいということでもありません。

参考リンク:
「自殺総合対策大綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して~」(閣議決定)
「自殺対策の歩み」(いのち支える自殺対策推進センター)

脚注[+]

Follow Kojun on note.

机上の地球
最新情報をチェックしよう!
>note もよろしく

note もよろしく

noteでは、もちょっとホンネでつぶやいています。