売り込みを断れない人の心理

売り込みを断れない人の特徴として、相手を納得させないといけないお思っているということが挙げられます。

しつこい勧誘は、断ると、その理由を尋ねてきます。それにちゃんと答えようとするわけです。

断るために相手を納得させようとしているということは、「相手が納得しなければ買わなければいけない」というルールをもらっていることになります。

一生懸命に断っているつもりが、「私は議論に負けたら買いますよ」と伝えているようなものです。

これは、深層心理の足枷でいうと、「自分で決めれない。人の許可が必要」という心理課題と、自己肯定感が傷ついているという心理課題ケースが考えられます。

対処アプローチとしては、意識を変えるか、無意識レベルから変えるかということになります。人生を支配するパターンを解除するために、無意識レベルから変えるのが心理セラピーです。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
メンタルケアとセラピーの違い

ちょつと言葉が乱暴で不正確かもしれませんが、2つのサービスの違いについて。 メンタルケア(と、ここで …

心理療法セラピー関連
個人セッションの流れ(「原因論の罠」と「未来指向の罠」を超える)

「過去をほじくりまわす」だけのカウンセリングは、自分が不幸である理由がわかるだけです。人生で起きるで …

心理療法セラピー関連
私がこういう人間になったのは何故か、1つのセオリーに解釈を固定するのは危険

事情が違うのです。なぜ違うのかを問わずに、仲間に受け入れることができる世界を夢見ています。 I am …