売り込みを断れない人の心理

売り込みを断れない人の特徴として、相手を納得させないといけないお思っているということが挙げられます。

しつこい勧誘は、断ると、その理由を尋ねてきます。それにちゃんと答えようとするわけです。

断るために相手を納得させようとしているということは、「相手が納得しなければ買わなければいけない」というルールをもらっていることになります。

一生懸命に断っているつもりが、「私は議論に負けたら買いますよ」と伝えているようなものです。

これは、深層心理の足枷でいうと、「自分で決めれない。人の許可が必要」という心理課題と、自己肯定感が傷ついているという心理課題ケースが考えられます。

対処アプローチとしては、意識を変えるか、無意識レベルから変えるかということになります。人生を支配するパターンを解除するために、無意識レベルから変えるのが心理セラピーです。

サービス関連
なんだかユルいセラピーのスタイル

かつて、セラピーの練習会に行ってみて、なんか意見を求められたときに思ったことは・・・ セラピーするこ …

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …