愛着とインナーチャイルド

Facebooktwittergoogle_plus

ずいぶん以前ですが、愛着スタイルの問題の扱い方を調べていたことがありました。

※「愛着障害」という言葉が普及しましたが、私は「障害」という言葉をあまりお勧めしていません。説明する必要があるときは、「愛着スタイル」「愛着不安定」と言ったりしています。

基本的な心理セラピーの方法は、当時すでに確立されていたのですが、そうはいっても一筋縄ではいかないケースも多い分野です。心理セラピー界で教えている先生ですらセッションを中断するようなケースについて調べていました。

どの様に調べたかというと、風俗界で働くベテランの女性(もう引退しているでしょう)に会ってみました。そこでは大人の客が子供の自分をさらけ出すことがあるはずと考え、インタビューしました。

私「お客さんの中に、このような方はいませんか?」
女性「いますよ」
私「何度かリピートしてくるうちに、お客さんが演じる子供(おそらくインナーチャイルドが反映している)に、変化がありませんか?」
女性「はい、だんだんと言うことや態度が変わります」
私「そして満足して卒業してゆくようなことはありますか?」
女性「はい、この人もうすぐ来なくなるなというのが分かります。その変化を”あーあ、成長しちゃった”と呼んでいます」

そして、私はその女性を心理セラピーの師匠の一人と思うにいたります。

師匠たちが「成長しちゃった」と呼ぶ現象は、心理セラピー的に解釈すると、愛情を受け取る体験が一定水準を満たし、愛を与える側を体験できるようになったと思える内容でした。

※夜のお店に行けば必ずこのようなことが起きるわけではありません。あくまで希なラッキーケースに限った話です。心の問題解決方法としてはお勧めしません。

その後、様々な拒絶反応を示す子供を私が演じてみて、それを師匠がどのように扱うか実演してもらいました。拒絶反応の扱いという点においては、心理療法家の先生方に劣らぬ腕前でした。それもそのはず、師匠には「治そう」という発想がないのですから。

私の心理セラピーも、「治す」ためではなく「欲しいものを手に入れる」ためのスタイルですが、それは言葉で表現される心構えではなく、師匠と過ごした十数時間の実体験で確認したものです。

愛情を受け取る側を経て与える側へと変化する心理的成長については、数十年前にエーリヒ・フロムが著しています。それを紹介する音声講座はこちら。

音声講座 エーリヒ・フロム『愛すると言うこと』を読む

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連 パーマリンク