「相手ではなく、自分を変えよう」の勘違い

Facebooktwittergoogle_plus

「相手ではなく、自分を変えよう」というアドバイスがあるそうですが、変える方法を提供してないですね。

自分のほうから友好的にでるとか、自分の態度を変えることだと思ってしまいます。そこじゃないんですよね。それは相手を変えようとしてることの変形に過ぎない。

もっと深い所を変えないと。

ポイントは2つ。

ポイント1:
それは「悪いのは相手ではなくて自分である」という意味ではない。

ここを勘違いすると、即ゲームオーバーです。

ポイント2:
自分を変えるためには、まずは変えようとせず観察する必要がある。

「変えよう」というのはアドバイザーが成果を焦っているがら言うことです。変える前に何が起こっているのか観ないことには。そして、観るためには、「変えよう」を保留する必要があります。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
「右脳派・左脳派」診断なるもの また右脳派・左脳派の診断するお遊びが流行っているようですが、ちょっとご注意を。 人間は、物事をあるがままに観ることが難しく、思い込みを通して物事を見ています。眼や耳での「観察」と、知識や信念を使った「推測」をしているわけです。「観察+推測」を「観察」だと勘違いしていると、さまざまな問題が起きた...
「人目を気にしない」を目指すよりも... 「人目を気にして生きる、人からどう思われるか気にして生きる、そんな生き方をやめたい」というご要望をよく聞きます。いいテーマだと思います。 一方で、「人からどう思われるか考えよう」と言う人もいます。ただ、「人からどう思われるか気になるようになりたい」というご要望は聞きません。「人目が気になってい...
重度脳性麻痺の4人の「成長する絵画」展... 「成長する絵画」展2017で、重度脳性麻痺の4人の作品を観てきました。   絵を見て思ったのは、「構造がない」「要素がない」「全てしかない」。 制作の様子の映像をみると、「描こうとしてはいる」けど、「何かを描こうとはしていない」ようにみえます。 この日、財布を忘れて出掛けたの...
「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問... 「嫌なのに人の誘いを断れない」というケースについてお話します。 嫌なんです。本当に嫌なんです。友人は「断ればいいじゃないか」と言います。でも、どうやって断ればいいかわからない。 たとえば、こんなケースを例に挙げましょう。 「上司から昼休みのランチに誘われるが、断れずいやいや同伴して...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 視点・本当の問題 パーマリンク