こわがらないと、こわくなる

Facebooktwittergoogle_plus

こわがらないと、こわくなります。

例えば、店主(自分)が客から不満を言われたとします。セミナー講師(自分)に参加者が嚙みついたとします。そこで、「悪いのはあんただ」と言い返す。もしくは、心の中でそのように思う。

言い返してしまう(相手を批判してしまう)のは、自分が恐さををもったからです。そして、その恐さを隠そうとするからです。

言い返して、トラブルになったとしたら、それは、恐がったからトラブったのではありません。恐いのを隠すために、相手を批判したから、トラブルになったのです。

そもそも恐くなければ、言い返したくもなりません。しかし、「恐くない」のと、「恐いのを隠している」のとでは明確に行動や反応に違いが表れます。そかし、本人にはその区別がつかないことが多いのです。自分自身に対して隠しているからです。

恐くても、それを自分に対して隠さなかった場合は、言い返したくなる自分を扱うことができます。言い返してしまっても、その後の対応ができます。慣れてくると、言い返す必要がなくなってきたりもします。そして、あまり恐がらなくなってもきます。

恐さをゆるせば、トラブルを引きづったり拡大したりしにくくなります。恐さをゆるせば、恐さは最小化されます。

恐さを否定すれば、恐さの上に、恐さがバレる怖れが加わり、影からあなたを操ります。自分が恐さゆえに言い返しているということも分からないまま、状況を悪くする言動を続けます。これを私は「心の闇」と呼びます。

自分に心の闇があることを認めると、それは最小化されます。自分に心の闇があることを認めることを怖れると、闇は深まり、あなたを操ります。

自分と向き合うことが、あらゆることの解決の鍵になります。

具体的な悩みがあるとき、それはレッスンのチャンスです。講座や心理コンサルティングへお持ちください。

 

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
「感情豊か」と「感情的」のちがい 「感情的」であることは、理性(気づく能力)を妨げる悪いこととされてきました。ふむふむ、そうですね。 「感情豊か」であることは、感性(感じる能力)を高める良いこととされています。ふむふむ、そうですね。 「感情はよいもの?わるいもの?」という問いをやめて、「感情的にならずに、感情豊かになるに...
自分の内面に目を向けると、相手の気持ちをわかる準備ができる... EQとは自分をみつめる力、「心の闇」に先を越されないで。 ある会社の営業グループで、講演セミナーをさせていただいたときのこと。 その日の内容は「大切なのは自分の感情に気づくこと」という内容でした。 見込み客が遠ざかるときには、 「あの人が商品を買ってくれないのは、その必要性を...
「怒り」は相手ではなく、自分の中にある... 怒りがおさまらない。それをなんとかしたい。そんな悩みもあります。ものごとが手につかなくなったりして、怒っている方もけっこう辛いわけです。いや、怒っている方が辛いわけです。そこで、その辛さを味わうべきは相手であるということで、相手に思い知らせたくなります。殴りに行くのはさすがに問題ありますので、言葉を...
「あの人が嫌い」!? 「怒り」と「恨み」は真逆です... ある人のことが嫌い。そんなとき、どうすればよいのでしょうか? どのように自分の感情と向き合えばよいのでしょうか? 感情をコントロールして抑えるのがよいのでしょうか? ⇒おすすめしません 相手に思い知らせてやった方がよいのでしょうか? ⇒おすすめしません それが過剰反応の場合は、心理...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
心理セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 対処法, 視点・本当の問題 タグ: , , , パーマリンク