ジェンダーのこと

思い込みとは。自分らしさとは。人間とは・・・。

私もnon-binary gender(典型的な男性や女性ではない人)です。男性性と女性性の両方を使う生業である心理セラピストには向いていると思っています。

ジェンダーの時流

昔は「男は結果重視、女はプロセス重視」なんてステレオタイプの話が好まれました。今は「男と女の違いなんて話は聞き飽きた」という声がきかれます。ジェンダーをフル活用しないと乗り越えられない時代なのでしょうか。

セクシャルマイノリティと呼ばれたものに対する社会の態度は概ね次のように変遷してきているようです。(あなたの周りはどうでしょうか?)

不道徳である → 病気である → 個性である → 多様性の一部にすぎない

2013年、『精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)』から「性同一性障害」という言葉もなくなりました。(精神的な病ではない)

2015年の調査結果ではLGBT層は7.6%となり、ビジネス界も一部反応しつつあります。(顧客として/雇用対象として無視できない)

自分らしさや、社会通念「らしさ」についても地続きのテーマとして見直されるきっかけとなっています。

「男でありたい」「女でありたい」を超えて「私でありたい」と言う人が増えてきたように思います。

最近では、学術界でも国連でも、二元論を脱する動きかあります。男か女か、セクシャルマイノリティか非セクシャルマイノリティか、のような二者択一ではないという現実が認識されてきています。中性的な人や、ちょっとだけセクシャルマイノリティ的な人は実際にいます。

企業のCM

日産(イスラエル)


「ママが2人いてもいいじゃない。パパが2人いてもいいじゃない。・・・」

アパレル Calvin Klein

男性化粧品ブランド AXE


「割れた腹筋はいらねえ、デカ鼻があれば。デカ鼻もいらねえ、スーツがあれば。スーツもいらねえ・・・。あんたはあんたのかっこよさでやれよ」

トレーニングジム Equinox


「LGBTQAの6文字では足りない」

入門書


拾い読みで、思い込みの枠を壊すのにおススメ。コンパクトに用語・基礎知識が得られます。


ざっと世界の様子を眺めてみる写真ドキュメンタリー。「男らしさ」「女らしさ」は自然がつくったのか、社会がつくったのか?

映像でみる

東海テレビ

YouTube

YouTubeが編集した動画メドレー。

「変化を喚起し、私たちを一歩前へ進めてくれる人たちを、私たちは誇りをもって支持します」

当事者のお話


面白くて気軽に読める。(トランスジェンダーMtF)


マイノリティというよりは多様性であるという観点がよくわかる。


人と違うと感じる子供時代がある人は共感するかも(トランスジェンダーMtF)


ほのぼの。

社会や医療の動向


専門雑誌ですが、一般の方も読めます。

動画

Youtubers REACT

子供たちに同性の結婚をみせたら、どんな反応?(日本語字幕あり)

TED

2015/05/15 幼稚園児が私に教えたこと(英語)

「誰かが赤ちゃんを授かったとき、男の子か女の子かを尋ねる前に、ちょっと待ってください。あなたは何故それを知りたがるのでしょうか?」

2015/01/19 ジェンダーで何が「普通」か…(日本語字幕あり)

「小さな子供たちはそんな風です。ありのままのあなたを受容れるという、実に稀な能力を持っています」

2014/11/07 ジェンダーを踏み越えてゆくこと(日本語字幕あり)

「存在はすべて変化し続けています」

 

ジェンダーフル活用の時代

「男性性/女性性」というと、昔は男性と女性の違いのトピックが好まれていました。たとえば、「男は結果重視、女はプロセスを共有したい」など。しかし、昨今の「男性性/女性性」勉強会など覗いてみると、「男と女の違いなんて話は聞き飽きた。男性性と女性性の統合について知りたい」という声がきかれます。「男と女は別の生き物だからね」なんて言っている場合ではなくなってきているようです。

殆どの心のトラブルにあるがままの自分を否定することが関与していることを顧みると、世界が「間違いを正す」アプローチを越えようとしている昨今のようにもみえます。知らないがゆえの怖れを取り除いてみると、そこには「マイノリティ」も「障害」もないのかもしれません。