辛いことがあっても、幸せも感じていい

Facebooktwittergoogle_plus

幸せを諦めそうになるとき、こんなふうに考えていませんか?

「人生は辛いことだらけだ。それらはとても無くなりそうにない。だから幸せになるはずない」と。

 

辛いことが無くなるまで、幸せは来ないのでしょうか。

 

また、辛いことがなくなれば、幸せになれるのでしょうか。

 

そういえば、「辛い」と「幸せ」は字が似てますね。

 

辛い人たちが問題を解決してゆくとき、完全な解決より前に笑いや楽しい時間があったりします。私もそんな経験あります。意外な順番かもしれませんが、結構そうだったりしませんか。

 

辛いことがあっても、幸せも感じてもいいのかもしれませんね。

 

    「幸せを感じる」 ≠ 「辛いことがない」

 

これらを区別して、周りの風景を見回してみるのもいいですね。辛いことも、幸せも、両方感じるというのをまずは許可してみてはいかがでしょうか。
関連記事
「自分にとっての幸せって何だろうか」... ある人が言いました。 「私も最近考えるんですよ。自分にとっての幸せって何だろうかって」 私たちは、悩んだり、気づいたり、励まされたり、出会ったり、試行錯誤しながら、自分にとっての幸せを考えてゆく。 それは謎解きのようだなと思います。心と人生の謎解きです。 驚きや感動もあり、不...
なぜ人には寿命があるのでしょうか?... なぜ人には寿命があるのでしょうか。 ここで関心があるのは、肯定的な意味(なぜ神様は人に寿命を与えたの?)です。 ※生命科学的な理由は、細胞を作る回数(DNA複製の回数)に上限があるからだとか。 ありのままの自分や他人に出会う どんな自分でも素敵。 (いきなり、すぎま...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 上野貢潤

心理セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You トレーナー
心理セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 視点・本当の問題 タグ: , , パーマリンク