「助けて」と言えない病

Facebooktwittergoogle_plus

人生の前半は実力で勝負。しかし、一人でできることは限られている。人生の後半は助けを求める。競争から協創へ。そこで、「助けて」と言えない病を克服する時期がきたりします。

事前確認

もし、「ありがとう」と言えない病が併発している場合は、そちらを先に緩和しておきましょう。有難くないときに言う必要はありません。有難いことに言えばよいです。

お礼を言うと借りができるという感覚の人もいますが、人間関係の心理的には、お礼を言うのは借りを返す効果があるとも言われています。

とてつもなく、「感謝」に抵抗がある場合は、心理セラピーで解消することも検討してください。

助けを求める練習相手の選び方

 
あなたの「助けて」と言えない病に気づいていて、それを直してやろうと思っている人は、練習相手に向いていません。

「助けてください」と言ってみる練習で得たい体験は次のようなもの。

  • (A)案外、喜んで助けてもらえた
  • (B)助けてもらえなかったけど、ダメ元で無害だった
  • (C)何らかの理由により傷ついた(恥をかいた、上から目線を受けた等)けど、だからと言って死にゃしない

これらをいろいろ体験するのがよいわけですが、「ほら、助けてと私に助けてと言ってみなさいよ」と構えている人が相手だと、よい経験が得られにくいのです。

(A)の場合も、教育的配慮により助けたぞって感じで、「人は案外助けてくれるものだ」という実感になりにくかったりします。(B)(C)の場合も、「助けを求めろって言ったくせに・・・」という変な気持ちが残ります。

簡単に言うと、自然な体験にならないのです。

あなたにストレッチさせたがっている相手では、頼んだときの反応が不自然なのです。

あなたの「助けて」と言えない病に無関心な人を相手に、頼む練習をするとよいかと思います。

(C)の傷つくことが異常に強く立ちはだかる場合は、心理セラピーのご相談ください。今まで悩んだからこそ、人生が楽しくなるかと思います。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
心理療法セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理療法セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 対処法 タグ: , パーマリンク