カミングアウトされる人の心理

Facebooktwittergoogle_plus

LGBTのカミングアウトに対して、「私、なんとも思わない」を強調する人は、たいてい友達になれない(そのあと去ってゆく、そのあと逆切れする)。LGBT当事者からそんな警戒の声が聞こえます。

「私はLGBTを差別しません」と言うとLGBTに嫌がられる?

カミングアウトされた人の心理

東京在住の方であれば、地方出身の方と出会ったときに、「私は地方出身者を見下したりしませんよ」と言うでしょうか?

水商売の人に出会ったときに、「あなたが水商売かどうかなんて、ぜんぜん気にしない」と言うでしょうか?

ピアスの人に出会ったときに、「わたし、ピアスしている人とも、まったく普通に付き合えるのよね」と言うでしょうか?

自営業の人に会ったときに、「会社員も自営業も友達として区別する必要ないと思うわ」と言うでしょうか?

背が低い人に出会ったときに、「私は背の高さで人を差別したりしないからね」と言うでしょうか?

赤いワンピースの人に会ったとき、「赤のワンピースが派手すぎるなんて思わない」と言うでしょうか?

人間は、なんとも思っていないことについて、わざわざ「なんとも思っていない」とは言いません。相手が「これ変だよね」と言ったときに、「変だと思わないよ」と返すことはありますが。

「実は僕はゲイなんだ」
「あ、わたしそういうの全然気にしないよ。差別意識ないから」

本当に全然気にしない人が、わざわざ「気にしない」「差別意識ない」とは言わないのです。

本当に全然気にしない人の場合は、「えー、気づかなかったわ」とは言うくらいです。

「実は僕はゲイなんだ」の後に続く話は、「だから僕は悩んでいるんだ」とは限りません。「来週の飲み会には彼氏を連れてきてもいいかな」かもしれません。

問われもしないのに、「差別しないよ」と言いたくなるのはなぜか?

自分の差別意識(もしくは、自分にあるかもしれない差別意識)を隠したいという心理があります。「隠したい心理」を当サイトでは、「心の闇」(自分の心の一部を見えなくするもの)と呼んでいます。

そのとき、「自分には差別意識がある(かもしれない)」、それを認めたくない/知られたくないという怖れがあります。この怖れが「ぜんぜんなんとも思わない」と言わせます。

そして、その怖れがあるゆえに、カミングアウトした当事者を避けるようになります。また、自分の心の闇(「自分には差別意識がある(かもしれない)」、それを認めたくない/知られたくないという怖れ)が暴かれそうになったとき、攻撃的になったりします。

「私は自分の意見を言っただけよ!あんたのセクシャリティはあんたの勝手だけど、それを気持ちわるいと思うのは私の勝手でしょ!」と声を荒げたりします。突然、逆切れするわけです。私もこの現象を何度か見ました。

当事者はこれをちょくちょく経験するようで、「カミングアウトしたときに、やたら差別しないとアピールする人には、気をつけるようにしている」となります。

当事者は、「ま、それが人の心の性(さが)だ」と思って、軽く流すのがよろしいかとおもいます。

非当事者(カミングアウトされた方)は、相手が何のためにカミングアウトしたのか、話の続きを聞くことをお勧めします。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
ジェンダーはセクシャリティではない... セクシャリティとジェンダーは違うと覚えておきましょう。 セクシャリティというのは、 生物学的な性別(sex) 性的指向(どんな相手を性的に好むか)(sexual orientation) といったものです。身体や性交渉・恋愛に関することです。 ジェンダーというのは、アイデン...
私たちの「存在」は、それぞれ何を担当しているのかな... 「報道でLGBTを持ち上げすぎると、生殖が減って、人類の存続をおびやかすのでは」という弁を聞きました。 まあ、全員で生殖を担当しなくても人類存続は大丈夫だと思いますが(笑)。ちなみに、子育てをしているLGBTsはいます。私の小学生時代の同級生にはお母さんが2人いました。子供つくっている人もいま...
LGBTとトラウマ いわゆるLGBT、同性愛や性別違和(身体と心の性が一致しない)の原因として、なんらかのトラウマ・心の傷によるものではないかという考察は昔からされてきました。現在ではそういうものが原因であることは立証されていないという説が主流かと思います。それは、「治したほうがよいもの/治せるもの」なのか「それはそれ...
「LGBTを支援する」「私はally(アライ)です」に違和感?... LGBT当事者、非当事者ともに、「LGBTを支援する」という言葉がなんだか嫌いという人は多いです。 「私はally(アライ)です」って言うのは、なんか変な感じがすると言う人もいます。 ※アライ:支援者・理解者の意味。本来の語源からは「協力関係者」。 違和感の正体は? 「僕はス...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: 多様性・存在・アイデンティティ タグ: , , , パーマリンク