「お申込み」等の入力フォームが届かない不具合があった可能性があります。システム修正しましたので、返信が来ない等のお心当たりのある方は再送をお願いいたします。

心理カウンセリングの師匠たちは、私に既存メソッドを教えない。

クライアント(来談者)の悩みの本質を無視して、自分が知ってるメソッド(手法)を適用するみたいなことが頻発しているそうです。

心理セラピー(心理療法)のメソッドをパッケージ化して教える商売が流行った結果かもしれません。

「クライアントとして心理セラピーを受けるのが嫌だ」という人たちがセラピスト養成講座を卒業するようになってから数年。さらに資格主義を進めようとする勢力も動き始めました。

でも、そのおかげでクライアントが、カウンセラー/セラピストたちがいかに役に立たないか語るようになり。そうなると、私にとってはさらにクライアントの悩みの本質を捉えやすくなってきました。

それにしても、「メソッド教えます」の広告がたくさーん。

私の師匠たちは、誰でも出来るような既存メソッドを私に教えません。

もちろん基本の型は学んだけど、それはメソッドを覚えるためではありません。

私にしか出来ないことをさせるために、それ以外を手放すことを教えられました。

そして、別々のルートで出会った師匠たちが口をそろえて「あなたを必要とする人が必ずこれからも来る」と言います。

※当サイトの記事には私見や独自の経験的枠組みが含まれます。また、全てのケースに当てはまるものではありません。ご自身の判断と責任においてご活用ください。

※当サイトの事例等は本質を損ねない範囲で合成・再構成によるフィクション化をしています。

\(^o^)/
\(^o^)/

- protected -