好奇心と自愛が回復プロセスの動力

「ここは見知らぬ場所じゃあない。新しい場所なんだ」(パウロ・コエーリョ)

不確実や未知をどれくらい人生に取り込みたいでしょうか。

Points of Youのトレーナーたちは、「プロセスを信頼しよう」と言います。他の各種の流派でもプロセスは大切にされています。

これは、ゴールと一歩との関係は、歩いている時点では分からないということでしょうか。その一歩を愛せるか、ということでしょうか。

「見知らぬ場所」は、投影(心の中のものが、そこにあるかのように見える心理現象)を引き起こします。なにも知らないのにこわいなら、無意識に何かを想像しています。

ちなみに、その投影が固定化したものが恐怖症ですね。それに光をあてるのは、恐怖症解消セラピーの一部でもあります。

「新しい場所」では、未だ見ていないものが目に入ります。心の中にある既知が当てはまらないものが、好奇心という動力を引き起こします。

それはなぜか幸いにも心地よいものです。セラピーもこの動力を使って進めます。

旅しているのなら、「見知らぬ場所」を「新しい場所」にしてゆく必要があります。心の悩みの克服も典型的な旅です。

見知らぬ人が新しい人に変わることを出会いと言うように、旅の一歩も出会いです。出会いの勇気が必要。

不確実の中の一歩を愛せるかは、自愛や自尊によるかと思います。ですから、不確実の中の一歩をするときには、その時に生じている自愛や自尊を覚えておきたいと思います。

好奇心と自愛は、鬱状態からの回復プロセスにも知られるものです。怖れの反対である「光」の正体は、勇気とも言いますが、むしろ好奇心と自愛かと。

 
講座などで直接会ってみたい方はこちら。⇒イベント情報

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

                                                               

Facebooktwittergoogle_plus

心理療法セラピー関連
ネガティブを怖れれば、ポジティブも怖れる

ポジティブでも、ネガティブでも、怖れは怖れです。 セラピーでは、「私は悲しい」のような言葉を言っても …

人間関係
怒りと攻撃は別のもの

怒ることと、攻撃する(危害を加える)こととは、別のことなのです。 危害を加えたり、罪悪感を追わせたり …

自分と向き合う
陰を見ることは光

闇が解ければ、解けるほど、たくさんの陰(小さな闇)が見えてくる。 暗闇では陰を見ることはできないが、 …