【心理セラピーQ&A】結果を得るのに、どのくらいの期間を必要としますか?

Facebooktwittergoogle_plus

Q. 結果を得るのに、どのくらいの期間を必要としますか?

1つのお悩み解決の目安は、セッション回数で2~5回です。セッション間隔は2~4週間ですので、1~3ヶ月で成果を狙います。大きく生き方を変えるために、継続的に取り組むこともできます。セッション各回で1つの課題を扱うということを繰り返します。1回毎に何らかの変化を感じることが多いです。

回数が必要となるケースとしては、次のような場合があります。

感情に触れることへの抵抗が強い場合

感情を感じることに抵抗が強い場合は、まず感情を感じる練習から行う必要があります。その場合、セッション回数が増えることになります。

しかし、それが出来るようになることは、人生の豊かさや健康に資するところとなり、無駄ではありません。人によっては、そこだけやっても価値があるくらいです。

課題が漠然としている場合

何が本当の問題なのか、よくわからないということもあります。もしくは、どのレベルで変化したいか迷うこともあります。

その場合、まず表面的な悩みを扱いながら、根底で何が起こっているのかを探るプロセスに回を重ねることもあります。表面的な悩みを解決することで、本当の問題が見えてきたりします。

これも無駄にならないと思います。このように取り組むと、何を望んでいるのか、本当の問題に気づく練習になります。

一般的には、生き方が変わるような変化を起こすのがセラピストの技術の見せどころかもしれませんが、
私はクライアントが生き方を変えたいかどうか迷うプロセスをも大切にしたいと思っています。

自分がどのように生きてきたかに気づく。そして、生き方を変えたいと思うか自問自答する。そうすることで、今までの生き方も活かしつつ、自分らしい自分を築いていただけると思います。

 
講座で直接会ってみたい方はこちら。⇒写真カードを使って自分の心と対話する講座案内

心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内

自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

Facebooktwittergoogle_plus

人間関係
「嫌われるのがこわい」を解消すると嫌われる?

心理セラピー(心理療法)では、「嫌われるのがこわい」を解消したり、ありのまま(人から好かれなくても) …

心のトラブル - 対処法
いい人をやめると、悪い人になるの?

人から嫌われることを過剰に恐れて、人の顔色を伺う生き方をしていると気づいた人に、その深層心理を解消す …

心理療法セラピーQ&A
【心理セラピーQ&A】言葉になっていない願望がはっきりするようなことはありますか?

Q.言葉になっていない願望がはっきりするというようなことはありますか?心理セラピーを通じて、ご自身の …