憤怒が解消して残る何か

体験談・事例

適切な人を見つけて信じると、無駄な憤怒(身を守るためではない、怒りのような反応。思い通りと違う感じ)が解消することがあります。

憤怒の対象が、ただのミス、ただの役に立たないコメント、ただの間違い、ただの誤解、ただの事故になってゆきます。

憤怒が解消してゆくと、何かが残ります。怖さとか、悲しさとか、寂しさとか。

それが、この先を教えてくれる手がかりになると思います。

ただ、「適切な人」とは誰のことか、「信じてみる」とはどういうことか、それらは難しいと思います。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト 広義トラウマの解除/生きづらさ改善(人生を支配するパターン、自己肯定、アダルトチルドレン、性暴力被害の過去、いじめトラウマ、PTSD、喪失、対人不安、愛着不安定、恐怖症など)を扱います。
体験談・事例
「行動ができない」の正体!? - 完璧主義

「行動ができない」には様々な原因がありますが、その正体の一つにこんなのがあります。 行動すると成果を …

体験談・事例
不完全な愛を拒絶すると、偽りの愛が欲しくなる

ある種の心の問題(愛着不安定、愛着障害など)が解決してくると、映画のような綺麗事の愛のストーリーなん …

Who is Kojun?
「寄り添う」という言葉がとらえどころない理由

「寄り添う」という言葉がとらえどころない理由 何かをすることではなくて、何かをしないことだから。 そ …