戦士としてのセラピストやカウンセラー

朝のカフェでママが少女を叱ってました。

その叱り方に異変を感じました。

くっと引っ張って身体にショックを与えながら責めている。犬の首輪を引いてつけるような動作が気になりました。

甘えている泣き方ではなく、声が小さい。

うちでは感情任せに叩いてるかもしれません。

私も仕事がら、おやっとアンテナが反応してしまいます。

別の席にいた婦人が立ち上がって近づいて、しばらく何か話しかけていました。

ママは聞く耳をもったようで、「はい、すみません」と言って少女を連れて出てゆきました。

婦人はそのあと席に戻り独りでコーヒー飲んでました。その戦士っぽい雰囲気は、カウンセラーかもしれないと思いました。まあ、これは勝手な推測で、当たってないかもしれないのですけど、その感じをもつベテランのカウンセラーに覚えがあります。

心理セラピーのある手法では、イメージプレイのなかで、加害的な親や、暴力加害者からクライアントを守る言動をセラピストがすることがあります。

私のセラピーのアシスタント参加や見学で、それを見た人もいると思います。

その手順を覚えても、どれほどのセラピストが実際の暴力やイジメや虐待の場面に出くわしたときに、本当に立ちはだかることができるでしょうか?

実際にはにはできもしないのに、セラピールームの中だけで、習った台詞を言ったりしてないだろうかと思います。

心理職の国家試験で、こういうの(暴力現場に居合わせたらどうするかなど)はテストされません。テストする方法もないですけど。

かつて私が助けを求めたときに、人はみんな逃げました。多くの実際の場面で、誰も助けてくれなかったからトラウマになっていることも多いのです。

本当に誰かを助けたり、立ちはだかることができる人が、世のセラピストの数ほどいるとは思えません。

なんせ、パンを盗んだ同僚が失職するのを眺めていられるくらいですから。

私はリアルでイジメや痴漢に立ち向かったことはある。

上述の婦人の例のように親子に明確に割って入ったことまではないと思います。虐待しているママから心理戦をしかけられたことはありますけど。

自分がだいたいどれくらいのことが出来るのか、出来ないのか知っています。

イジメに「やめろ」と立ちはだかるくらいはできそうですが、津波に対してそれはできません。だから、イジメのトラウマと災害のトラウマはセラピー(心理療法)のやり方が違ってくるのです。

そんな臨床以前の実体験なしに、心理学のお勉強なんかしているから、イジメに効果のあった方法を災害トラウマに適用しようとしたり、昆虫恐怖症に効果のあった療法を性暴力被害による恐怖症に適用しようとしたり、してしまうのかもしれません。

私は性的加害者を叱って土下座させる自信がなんとなくあります。実際にしたことありますから。だから、性的被害やイジメなどのトラウマに効果のあるロールプレイができます。

その婦人の近くに行って、お顔をもう一度見てみました。優しいというよりは、戦士だなと思いました。

今日は大事な日でした。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

who is Kojun
心理セラピストの選び方

「痛みの当事者だからできる支援がうる」とか「支援者が問題をかかえたまま人の支援をするのは危険」とか、 …

who is Kojun
精神医療研究者と心理支援者の世界観の違い

精神医療の研究者(大学教授やなんとかセンターの医師)はある療法により、うつ病の治癒率が30%から50 …