「無意識」の結果が「意識」に現れる

20世紀の三大発見の1つが、「無意識」だそうです。その言葉はほとんどの人が知っていますが、その意味はほとんどの人が知りません。なんせ、無意識ですから。

「自動車の運転で無意識にウインカーを出す」みたいに、意識が自動化したような無意識もあります。これは分かりやすいです。何が起こったか、振り返って自覚することができます。

無意識 → 行動  ね。

しかし、こんなのは、大発見というほどことではありません。

大発見は、無意識が意識を作り出すということです。

ほとんどの人が、上述のように、意識が無意識を作り出すと信じています。しかし、より深いところで人生を支配するのは、逆の現象なのです。

無意識が快・不快を推して行動を決めます。そのときに、どのように思えば(思考すれば)快であるか(または不快を避けられるか)を無意識が考慮して、思考や二次的感情を作り出します。そのようにして作り出されたのが「意識」です。

意識によって無意識を克服しようとするのが、マインドセットというアプローチですが、深いところでは、意識が無意識に勝つことはできません。その意識自体が無意識の都合で発生したものですので。

具体例はまたの機会に。

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …