Hate or Wish ~ 被害者、加害者、裁き屋

Facebooktwittergoogle_plus

コメディアンの浜ちゃんがブラックフェイス(顔を黒く塗る黒人仮装メイク)をして、黒人差別だと批判されています。

「傷つく人がいることを知らないなんて、日本の恥だ」

「目を疑います」

また、それに反対の意見も。

「黒人差別の意図はない」

「騒ぐ方こそ差別感ある証拠だ」

この様相、人間関係の問題に表れる普遍的なパターンがうかがえます。

私はというと、差別かどうか言ってるものはいずれも同意しかねます。

普遍的なパターンとは、人は被害者、加害者、裁き屋のいずれかの役を引き受けることで、平和を手放すというもの。

「差別だ」(→差別している人を恨もう)

「差別ではない」(→差別だと言っている人を恨もう)

いずれも誰かを裁いたり、恨んだりする方へとエネルギーが向かう。

問題を解決すること=悪を正すこと という枠組みを抜け出さない限り、この連鎖は続く。

被差別の苦しみを減らしたいのか、大義名分のもとで悪人を攻撃したいのか。

Hate or Wish ?

悪を責めるのでなく、何を望んでいるかを語る能力が重要です。

でも、どちらでも選べます。「hateを正してwishに」というよりは、選んでるという自覚をですね。

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
【雑談】変な人はあなただけではない... 人から変に思われるのではないかと心配して、小さく生きてしまっていませんか? 多少は変に思われても、それはたいしたことではないのかもしれません。 独りでファミレスに長居しておりますと、目の前のテーブルにいろんな家族がいらっしゃいます。 お母様が「虫が!虫が!」と連呼して、テーブルを移動...
「嫌われるのがこわい」を解消すると嫌われる?... 心理セラピー(心理療法)では、「嫌われるのがこわい」を解消したり、ありのまま(人から好かれなくても)の自分に価値があるという深層心理状態を目指したりします。 一方で、好印象を与える振る舞いを習得することで人間関係が改善し、幸せへ近づくことも事実です。 はたして、嫌われえるのを恐れた方がよ...
人は「困難」という言葉をおそれます。... 人は多くの場合、実際にどうであるかではなく、どうあるべきかを答える。 たとえば、「困難」は無い方がよいので、「困難は無い」と言う。その結果、「困難」は見えない敵となる。 人は多くの場合、「実際にどうであるか」を観ることができない。 もがきながら「なにも困っていません」と言う人は多い...
心と人生の謎を解く3つの鍵 本当の自分を生きることや、生きづらさを克服するために必要なことって何でしょう? 本を読んだり、ワークショップに参加したり、人と話したり、旅に出たり・・・。何をしようとしているのかというと、次の3つを揃えようとしているのではないでしょうか。 人が人生の宿題(内なる試練の洞窟)に挑むときに必...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
カテゴリー: Points of You, 視点・本当の問題 パーマリンク