心理専門家は心理学を捨てる

Facebooktwittergoogle_plus

なんとかメソッドとか、なんとか心理学とか、学んだ人が、いかにそれが素晴らしいかを話しています。

感情の裏に別の感情があるとか、幼少期の体験が性格をつくるとか。そんな知識は数日で学べますが。

心理の勉強というものは、いわば……

知るために、2、3日。
知ったことから脱出するために、半年。

U理論の日本での第一人者は言います。「U理論はどうでもいいんですよ!(笑)」

トラウマの第一人者は、自分のトラウマという言葉から悪影響があることを警告します。

心理セラピーの何人かの師は同じことを言いました。

「どんどん見えるようになるでしょう。しかし、あなたたちの仕事はそれではありません」

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
逃げる人と、喜ぶ人に分かれます。 以前、心理系の入門講座を覗いてみたことがあります。 そこでは、目の動きで人の心が読めるとか、こうすれば人を操作できるというようなことが講義されていました。 これは大変ウケがよく、受講者たちは笑顔でうなずきながら大喜びでした。そして、何割かの方はその場で本講座の申込みをする大盛況。 ...
【おすすめ映画】『happy -しあわせを探すあなたへ』... 「自分にとっての幸せ」について思いをはせるためのドキュメンタリー映画を紹介します。 みどころ1 カウンセリングや日常の中で、人が自分の記憶をどんどん消してゆくということがあります。無意識に何かから目をそらしているときに起こります。そして、目をそらすことをやめたとき、世界が変わり、可能性が開け...
【心理セラピストの映画紹介】『クジラの島の少女』... 映画は人の成長や克服を描いています。心理セラピー(心理療法)もまた、そのプロセスを支援するものです。従いまして、よく似ています。 心理セラピストと一緒に映画を観てみましょう。 今回の映画は『クジラの島の少女』です。 あらすじ ニュージーランドのマオリ一族で族長の一家に女の子パ...
自分と向き合うとは、感情を「所有」すること... 自分と向き合うことを、「感情を受け容れる」とか言いますね。セラピーで言うところの「解放」も、それを含みます。 「受け容れる」という言葉のは、分かりやすさを狙った言葉で、人によって様々なニュアンスを持ちます。 専門的には、より中立な表現で「感情を所有する」と言ったりします。 今回は、...

Facebooktwittergoogle_plus

The following two tabs change content below.
心理療法セラピスト 上野貢潤

心理療法セラピスト 上野貢潤

代表ファーストブレス
~自分の心と対話する~ 心理療法セラピスト/Points of You マスタートレーナー
心理療法セラピスト 上野貢潤

最新記事 by 心理療法セラピスト 上野貢潤 (全て見る)

カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連, 雑談 パーマリンク