心理専門家は心理学を捨てる

Facebooktwittergoogle_plus

なんとかメソッドとか、なんとか心理学とか、学んだ人が、いかにそれが素晴らしいかを話しています。

感情の裏に別の感情があるとか、幼少期の体験が性格をつくるとか。そんな知識は数日で学べますが。

心理の勉強というものは、いわば……

知るために、2、3日。
知ったことから脱出するために、半年。

U理論の日本での第一人者は言います。「U理論はどうでもいいんですよ!(笑)」

トラウマの第一人者は、自分のトラウマという言葉から悪影響があることを警告します。

心理セラピーの何人かの師は同じことを言いました。

「どんどん見えるようになるでしょう。しかし、あなたたちの仕事はそれではありません」

 
心理的な相談をしたい方は、個人セッションをご検討ください。⇒サービス案内
 
自分に嘘をつかない生き方のメール講座はこちら。⇒無料購読
 
ブログ更新をメールでお知らせ→

関連記事
【雑談】心理セラピストからみた「占い」... 「占い」って、心理職の私からみると、どんなものでしょうか。 ※「占い」といってもいろいろありますが、ここでは古来からある「卜占(ぼくせん)」、偶然に意味を施すようなものについてです。 ※「あんた、このままでは不幸になる」のように、決めつけて、人の可能性を狭める類は除外します。 私や...
タイプ論による人間観の時代は終わっていると思う理由... 性格分類などのタイプ論は楽しいです。「○○診断」「○○占い」とか。 人は自分や他人にラベルを貼ると安心します。(タイプ論に限らないですが) タイプ論セミナーでは、質問者が長々と質問した後につぶやきます。「ふー、これでわかったわ。だからうちの旦那は、ああなんだ」。 タイプ論を覚えて人...
心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要... 心を開くことは良いこと? 心が閉じるのは悪いこと? こんなような話をよく聞きます。 (なんらかのセッションで)心を開いたら、いじりまわされた。 (なんらかのワークショップで)心を開かないからダメなんだと言われた。 心を開くことも必要だし、心が閉じることも必要。 ...
セラピストがクライアントから「もらっちゃう」って?... セラピストなんてやってると「もらっちゃわないですか?」とはよくきかれる。一般の人の質問は自然ですが…。 しかし、ベテランのプロから「もらっちゃうやよね」と言われるとは、なかなかの驚き。そういう人は「セラピストはクライアントの人生に責任がある」と言う。クライアントを無力な者としてみている。扱う分...

Facebooktwittergoogle_plus

カテゴリー: 心理セラピー(心理療法)関連, 雑談 パーマリンク