ブレーキを外してはいけない人もいる

背中を押しても動けない人がいてね、「ブレーキがある」なんて言われるのね。そうなると、自己啓発や古典的なコーチングが効かないなんて言われるにゃ。

で、ブレーキを外すセラピーというのがあたりする。

たとえば、対人不安があるから伸び伸び活躍できないという場合、対人不安を解消すると伸び伸び活躍できたりする。これを「ブレーキが外れた」なんていうのかしら。

「ブレーキのある人は、アクセルを踏んでも苦しいだけ。背中を押したらだめよ」なんてね。

ところがね、ここからが本題よ。ブレーキを外したらだめな人もいるの。

愛着のテーマとかね、スキゾイドのテーマとか、そのあたりかな。

これは、先の解放セラピーだけではだめで、足りないピースを入れる必要がある。

ゴーストを成仏させる旅ではぬくて、失われたピースを探す旅ね。

「背中を押したらだめな人」

「ブレーキを外したらだめな人」
は、どちらもブレーキあるんだけど、事情がだいぶ違うにゃん。

ブレーキ壊れた自転車で、下り坂を進んでみたらわかるにゃ。

足を地面につけてブレーキかけようとするにゃ。

「せっかく動いたのに、ブレーキが邪魔したね」というのは、的はずれにゃ。

下り坂を進むには、ブレーキが必用なの。

そういう人は、まず「殻を破れー」とかの助言に挫折し、次に「ブレーキを外せ」の助言に挫折して、なんとなく敗北感をもっていたりする。

体験談・事例
多くのセラピストが「頭で考えるな」と言うのですが

クライアントの立場でいいますと、「頭で考えてはいけない」というセラピストやコーチの台詞が、私は苦手で …

心理セラピー関連
赤ちゃんに学ぶ悩みの克服

赤ちゃんは、最初は「○○がない」という認知はしないそうです。「ミルクがない」ではなく「空腹だ」といっ …

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …