「嫌なのに人の誘いを断れない」ときに必要な、自分と向き合うための質問

「嫌なのに人の誘いを断れない」というケースについてお話します。

嫌なんです。本当に嫌なんです。友人は「断ればいいじゃないか」と言います。でも、どうやって断ればいいかわからない。

たとえば、こんなケースを例に挙げましょう。

「上司から昼休みのランチに誘われるが、断れずいやいや同伴してしまう」

心の深いところにある根本原因を解消するには、心理セラピー等の対策を要します。ですが、ここでは比較的浅いところ(自覚することで改善するかもしれないあたり)について書きます。

 

いつも単刀直入で申し訳ありませんが、結論から。

それを解決するには、自分と向き合うことが必要です。

具体的には、次の質問に心底正直いに答えることがカギになります。

誘いを断ると何が起きることを想像しますか?

心理コンサルティングに訪れるような本気で解決したい人は別として、雑談の中での相談の場合、たいていはこの質問に答えることができません。あなたは答えられるでしょうか?

答えは様々にありえるのですが、ここでは分かりやすい例として、「怒鳴られそうな気がする」だったとしましょう。なんでそんなことを想像してしまうのかはさておき、とにかくそのイメージがあったと。

「私は、誘いを断ると、怒鳴られそうな気がしている」とあるがままを自覚して認めることが、自分と向き合うということになります。

これができたら、何が起こるでしょうか。

で、それが起こりえないようなことだと思えてきたら、それも一つの解決になるかもしれません。しかし、ここでは、それが起こりえることの想像だったとしましょう。

自分の感情を、自覚して認めることで、次の選択が可能になります。

「嫌いな上司とランチに行く」か「怒鳴られてビクッとする」か。

どちらも嫌ですが、よほどの変態フェチでない限り、人は後者を選びます。それも、そうすべきとかではなく、心からそちらを選びたくなります。そして行動できます。なぜならば、前者は人に支配されて被ることであり、後者は自分の責任で引き受けることだからです。

これが、次のような選択肢だったら、後者を選べません。

「嫌いな上司とランチに行く」か「なんだかわからない恐怖」か。

こんな無謀な闘いはやめましょう。

しかし、行うは難しかもしれません。

上司がいかに悪いかを人に聴いてもらうことでストレス緩和になることはあるかと思います。しかし、ストレス緩和と、事態解決(断れるようになる)は、アプローチが違います。両方やってもよいのですが、同時ではありません。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
対処法
「殴りたくなる感情を大切にする」というのは、殴ることではないのです。

日常の憎しみ系のお悩み、多くの場合、ざっくり言ってしまうと、こうです。 「殴るべからず」 そして、「 …

対処法
2通りのスモールステップ

行動計画には二通りあります。 (A)ゴールから逆算してスモールステップを決める。 (B)いま出来るこ …

体験談・事例
人間関係に苦しむ2つの笑顔トラウマ

笑顔をつくるように心掛けるのではなくて、 笑顔を抑えないように心掛けるのよ。 いつも誰にでも笑顔の人 …