(恥ずかしがらずに、思いきって立ち上がってみよう。その小さな勇気や行動が未来を大きく変える」

そして、それはムーブメントとなって、個から集団へと広がる。

しかし、集団の中には、ギックリ腰の人もいる。その人にとって必要なのは、立ち上がらない勇気。これは小さな勇気ではない。

立ち上がる勇気は「やってみたら平気だった」というように励まされるけど、

立ち上がらない勇気は「だからキミはダメなんだ」と否定される。

立ち上がらなかったことに対して「平気だった」となる場が道を開く。

立ち上がる勇気を教えるのは簡単。やらせれば素晴らしさが分かってもらえるのだから。簡単だからメソッドが広まる。

立ち上がらない勇気を教えるのは難しい。大丈夫を作り出す必要があるから。メソッドとしては広まらない。

勇気をだしましょう。あなたに必要な勇気を。

The following two tabs change content below.
心理セラピスト Kojun(上野貢潤)
心理セラピスト/Points of You アドバンストレーナー(日本資格)/プラクティショナー
心理セラピー関連
「二次利得」という言葉で人を裁かないで

「二次利得」、人を馬鹿にした言葉です 心理支援の分野に、二次利得っていう言葉があります。これは病気や …

who is Kojun
心理セラピストの選び方

「痛みの当事者だからできる支援がうる」とか「支援者が問題をかかえたまま人の支援をするのは危険」とか、 …

who is Kojun
精神医療研究者と心理支援者の世界観の違い

精神医療の研究者(大学教授やなんとかセンターの医師)はある療法により、うつ病の治癒率が30%から50 …