人を評価するとき、苦しみが隠れている

「人が間違っている。人が悪である。人が未熟だ」と評価するとき、裁くとき、

人を変えたいという気持ちが隠れている。

そのとき、「人が行動を改めてくれたら、人が考えを変えてくれたら、人が変わってくれたら、自分の苦痛が和らぐ」という、苦痛が隠れている。

 
「あなたは間違っている(変わるべきだ)」と言うか、

「私はあなたに変わってほしい」と自覚するか、

「私は苦しい」と自覚するか。

 
世間一般では、苦しみを隠すのが良いこととされます。

 
何度も言いますが、この隠す力が闇です。何度も言いますが、苦しみが闇なのではありません。

このことは、人生のある日を迎えるまで、見えない(たとえ説明されても理解できないか、記憶からすぐ消える)仕組みになっています。闇は闇を隠すします。それが闇だと分かれば闇が消えてしまうので。

自分の闇が消えるほど、自分の闇が見えるようになります。

なくなるほど、現れます。

「闇」もまた必要と思える日を迎えると、仕組みが変わります。

対処法
「わたし愛着障害なんです」という言葉

人の健康に関わる支援業の方とお話しすると、「『私は愛着障害です』と自分で言う人が増えたのねえ」と言わ …

人間関係
怒れないと、怨みやすい

心理カウンセリングなどの心の旅の中で、「怒り」と「怨み」の区別を学ぶことがよくあります。 誰かのこと …

自分と向き合う
赦すことで進む旅

自分(の現状)を赦すことで、進める旅があります。 それに反発する人がいます。 それと似たことを、英語 …